1. 津村屋ホーム>
  2. 銀寄栗プロジェクト

あっという間に収穫終了…(TT)

カテゴリー:銀寄栗

先日のブログでは、昨年の3割~5割減の収穫見込みとお伝えしましたが…、

甘かった(TT)

10月8日にほぼ最後の収穫が終わり、

結局のところ昨年比、6割減という結果に終わりました。

当店の管理している園でも成木が5本も枯れ、苗木に至っては約8割が枯れてしまいました(TT)

能勢町の各地では、更に酷い被害が見られ、

【銀寄栗】発祥の原木園では折れた成木が数多く、昨年比8割減でした…

当店でも8月後半より、不作を見込み、能勢町中、いろいろ手を尽くしましたが、それでも6割減という結果に終わりました(TT)

これは本当に異常事態でして、

通常の野菜でしたら、翌年の天候次第で、例年並みの収穫に戻りますが、この度の能勢栗に関しては、更に深刻な状況です…

というのも、この度の能勢栗不作の原因が、夏場の猛暑で、木自体が枯れてしまったものが、多いのと、

更に強烈な台風により、木の幹が折れてしまったケースがとても多いのです…

木の受けたダメージがあまりにも酷いので、いくら来年の気候が平年並みに戻ったところで、

元の状態に復活するまで、早くて3年。通常で考えると、5年はかかるものと見られます(TT)

当店が、能勢町の栗畑を管理して6年。

間違いなく、最も厳しい収穫となりました。

能勢町の栗農家さんはほとんどが後期高齢者(75歳以上)。

皆さん、口を揃えて仰います。

「こんな年は初めてやわ。」

「どんどん栗の木が枯れていく。」

「新しく植えても面倒みられへん。」

「植えても全部シカにたべられてしまう。」

ここで自分が諦めてしまったら、何のために栗栽培を始めたのか…

今のままでは、間違いなく、能勢町の銀寄せ栗は無くなってしまう…

それをくい止めるため、始めたにもかかわらず、ここで諦めてしまうのか…

銀寄栗のふるさと、能勢町の銀寄栗を後世に遺し、伝えていく為のプロジェクト。

ここまでイバラの道だとは…

ある程度の覚悟はできていたつもりでしたが、

もう少しやり方を考えなくてはいけない時期が来たのかもしれません(^_^;)

今年の銀寄栗、とても少ない為、楽しみにしていただいていたお客様には大変ご迷惑をおかけしますm(__)m

「栗から育てた栗羊羮【銀寄】」は既に予約受付を終了させていただきましたm(__)m

その他、能勢栗を使った商品も数に限りがございます。

お求めは、お早めにお願い致しますm(__)m

どうかご理解いただけますよう、何卒よろしくお願い致しますm(__)m

収穫まつり、始まりました~\(^o^)/

カテゴリー:銀寄栗

いよいよ、大阪・能勢町では能勢栗の収穫が始まりました~\(^o^)/

今年で6年目になりますが、今までで、一番厳しい1年でした…

夏場の渇水に始まり、2度の台風で、これまで最低だった昨年より、更に3割~5割ほど少ないと思われます(TT)

ただ、夏場の日照りのおかげで、あま~い栗に育ちましたよ\(^o^)/

ホントでしたら、イガの中に3つなっているのが、良いとされていますが、今年は残念なことに上の写真のように2つ成っているのが良い方。

一粒だけなんてのも数多くあります。

こちらは早生の代表品種「丹沢」。

最初はやっぱり栗きんとんから♪

早速皮剥き。

一晩水に浸けて、

蒸す!!

ホクホクじゃ~♪

そして裏ごし。

もちろん手作業。

あまり連続して裏ごしすると、手首が腱鞘炎になっちゃいます(^_^;)

すこ~し、砂糖を加えて焚き上げると、栗きんとんの生地が完成(^^)v

冷まして、茶巾しぼり。

この栗きんとん、季節によって味が変わります!

写真の色でもわかるかもしれませんが、出始めの今はあっさりさっぱりとした味(もちろん能勢栗100%!!)。

これから銀寄栗の収穫が始まるにつれ、だんだんと濃厚な味に♪

能勢栗、季節のうつろいを、是非食べて感じてみてください(^^)

さ、そしてこちらは稔りの秋番外編。

栗畑内で採れた茗荷(ミョウガ)。

昨年の春に植えたところ、栗より順調かも(^_^;)

来年にはお裾分けできるかもしれません♪

お楽しみに~\(^o^)/

やっぱり台風って恐い(◎-◎;)

カテゴリー:銀寄栗

先日、20号・21号と、2つの台風が直撃した関西地方。

幸いにも大阪ではこれまで、台風が来るといっても、大した被害も無かったので、

今回も 、

「大したことないだろう…」

と、油断していました。

ところが、今回2つの台風はえげつなかった…

吹田辺りでは、21号の猛威がとてつもなく感じましたが、銀寄栗の故郷、能勢町では、20号が被害をもたらしました(TT)

上の写真、10メートルはあろうかというネムノキの巨木です。

管理している圃場のすぐ上に生えていましたが、台風の突風で、隣のクヌギを巻き込みながら、圃場内の栗の木に覆い被さるように倒れました…

もちろん、栗の木はご覧のように根元付近から真っ二つ…

為す術ナシ(TT)

そりゃ、数トンはあろうかという巨木が、上から倒れてきたんですもん…

耐えられるはずもなく…

もちろん、電気柵も下敷きになったので、ご覧の通り、グニャグニャなったり、ポッキリいっちゃいました(TT)

とはいっても、放っておくわけにもいきませんので、この日は朝から、台風の後片付け!

先ずは電気柵周辺から。

電気柵にかかった大木を、持てる大きさになるまでチェーンソーで切断。

その後、電気柵のパイル交換、ワイヤー調整(これが面倒で時間かかる)。

こんなもんでしょ♪

電気柵の補修が終われば、あとはひたすら巨大ネムノキの解体作業!!

細かな枝は鉈鎌(ナタガマ)で、太い枝と幹はチェーンソーで。

とにかく巨大ネムノキは枝が多い(TT)

結局ほぼ1日仕事になっちゃいました( ̄▽ ̄;)

帰り際、ふと見上げると、

【パッカ~ン】

てなってるやん(≧∇≦)

急いで収穫前の草刈りせなアカンやん!!

というバタバタ加減でして(^_^;)

これまでたくさんの方々に支えていただきまして、ようやくここまでたどり着きましたm(__)m

いよいよ始まりました!!

栗の大収穫まつりや~(≧∇≦)

近況報告です。

カテゴリー:銀寄栗

昨年に引き続き、今年の能勢町は、日照り続きでして…

先日の台風が来るまで、夕立ちすら無く、苗木や成木すら枯れていく始末。

これはかなりの異常事態でして、温暖化が進むとはこういうことかと、痛切に感じています。

これからの先行きを考えると、水のコントロールが一番の課題だと思いますが…

こちらは今年五年生の苗木。

植え付け当初より、絶好調の生育だったのですが、2年前にカミキリムシの被害に遭い、急激に樹勢が弱りながらも、地力を信じて回復を期待していました。

8月半ばに力尽きてしまいました…

今年植え付けた苗木の、6割以上が枯れてしまい、2年生苗木が3本、五年生苗木も2本、成木が5本。

また来年、いっぱい植えます( ̄▽ ̄;)

イガの大きさも今年は小さい上、少し焼けてしまったような色。

銀寄270年の歴史で、これほどの干ばつがあったのなら、きっと乗り越えてくれるでしょう。

いえ、必ず乗り越えてみせます!!

今年は草刈りの方法を、これまでと少し変えて、虫たちが住みやすいように工夫してみました。

今のところ、うまいこといってます(^^)

まぁ、何事もまずはやってみての、試行錯誤です(^_^;)

まだまだ6年目ですから、これからです、これから!!

あと5年後には、立派な栗畑に再生してみせますm(__)m

さぁ、今年たくさん枯らしてしまった分、とにもかくにもまた苗木を植えまくります!!

喫緊の課題は、収穫までの台風。

何とかなりますようにm(__)m

お片付け

カテゴリー:銀寄栗

6月の地震、7月の大雨、台風と、いろいろありまして、栗畑の物置きが傾いてしまい、扉が閉まらなくなってしまいました(TT)

だから、いつも扉が開いたまま…

毎度道具を出す時は、何か出てこないかとハラハラ(◎-◎;)

おそらく、土台が傾いてしまったようで、

この日、昼前から時間が取れたので、

漸く片付けと修理。

さぁ~、始めよか~!!

という時、飛んできました♪

能勢のタマやん♪

毎年、夏場のクソ暑い昼間にフラフラと飛んできます(^_^;)

いつ見ても美しいです♪

何でこんな派手な姿になったんやろ?

しばし、癒されつつ撮影に付き合わせた後、

再び飛んでいきました(^^)

さぁ、先ずはどう歪んでるかの確認

こうやって見ると、まあまあ重症。

こら、閉まらんはずやわ…

土台から始めないと、無理っぽいし、

1人なんで、持ち上げるにも、草刈り機やチェーンソーなど道具満載なんで、…無理。

やっぱり物置きを空っぽにすることからか~(TT)

2時間コースやな…

ちょうど物置きの片付けもしたかったので、

まぁ良しとしましょ♪

よくぞこれ程のモノが入ってたなぁ~と思うくらいいっぱい( ̄▽ ̄;)

全て出しきったところで、転倒防止に後ろのクヌギの大木にくくりつけたワイヤーを外し、

漸く土台の設置。

木陰とはいえ、まっ昼間に虫対策の為、完全防備の上、防虫ネットを被っての作業。

滝のように汗が吹き出る(TT)

水分摂りつつ、あ~だこ~だと考える。

よ~し、これでどうじゃ~♪

良く見ると、やはり物置き自体が歪んでしまったよう。

扉の高さ調整をしてもこれが限界…

まぁ、扉が閉まるので、良し!!

ふぅ~、結局5時間が経過( ̄▽ ̄;)

片付けもできたし、気分爽快!!

汗だくやけど…。

肝心の銀寄栗はというと、こんな感じ。

ピンポン球大の大きさです。

日照り続きで、成長が鈍い。

やはり、もう少し雨が欲しい。

次回からは、地獄の草刈りループに突入しま~す

\(^o^)/

最新記事
2018.12.13
今頃シイタケ(^_^;)
2018.12.06
冬支度
2018.11.22
開墾予定地の下見
2018.11.08
今年の「びっくりもち」、間もなく終了しますm(__)m
2018.10.25
たまには気分を変えて(^^)
カテゴリー アーカイブ