1. 津村屋ホーム>
  2. 銀寄栗プロジェクト

寒いときは、穴掘りエクササイズ♪

カテゴリー:銀寄栗

あけまして、おめでとうございます\(^o^)/

旧年中は、津村屋をご贔屓いただきまして、ありがとうございますm(__)m

本年も引き続き、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
それにしても、今期の冬は寒いですね~…

一度こたつになんか入ろうものなら、なかなか抜け出せません(^_^;)

お正月にかけて、蓄えてしまったおなか周りのニクジュバン、燃やします‼

というわけで、早速穴掘りエクササイズ♪

昨年までは1ヶ所だった「水汲み用の樽」。

この樽1つでも75リットルの容量があるのですが、夏場の過酷な暑さでは、苗木に十分水が行き渡りません(^_^;)

昨年は水不足で、5本の苗木を枯らしてしまいました…

 この度、新たに2つの穴を掘り、全部で3つの樽を埋めました♪

これで、今年の夏は、大丈夫でしょう‼

…、たぶん、…しらんけど(^_^;)

というのも、水の通り道は、何回か雨が降らないと、ハッキリとはわからないんです。

樽と樽の間に下へ水が抜けてしまうこともありまして(^_^;)

しばらくは、これで様子見ますm(__)m

今年は、まだまだ掘りますよ~(≧▽≦)

水汲み用樽は、あと1ヶ所。

苗木を植える用に、大きな穴をあと10ヶ所ほど。

掘り終える頃には…、ちょっとは痩せてるかなぁ~(^_^;)

いよいよ、冬のお仕事(^_^;)


今年は例年より、寒くなるのが、早い気がします(^_^;)

皆さん、お変わりございませんか?

ラニーニャ現象と、よく耳にします。

いや~な予感がします。

昨シーズンの冬も数十年に一度大雪が降り、雪の重みで、電柵に被害が出て、修理が大変でした(TT)

今年も、早速ひと降り。

とにかく、滑るんです、雪って(^_^;)

とにかく、冷たいんです、つま先が(-_-;)

この日は、3度もコケたので、今年は長靴をカスタムしようと計画中です♪

何しろ、寒い冬こそ、来期の収穫へ向けて、最も大切な時期‼

苗木の穴堀りと、クスサン(栗の葉を食べる害虫)の卵塊除去、そして剪定(栗の枝が込み合わないように余分な枝を切り落とすこと)。

特に当店の栗畑は農薬を使いませんので、クスサンの卵塊除去は重要なんです。

ひとの背丈までくらいの高さで、枝の下側に産みつける場合がほとんど。

ですので、ちょうど雪の積もっているときに見回ると、雪の照り返しで、見つけやすいんです。

が、まだこの日は穴堀り作業が優先。

あまりの寒さに、結局この日は、肝心の穴堀りの写真を撮り忘れ(TT)

上の写真は、凍った「モズのはやにえ」。

モズという鳥が、獲った獲物を木の枝などに刺す習性があるそうです。

何故そうするかは、これまた諸説あるようです(^_^;)

近頃、大阪の街中では、これ程見事な霜柱は見られません(^_^;)

ということで、冬のお仕事始めました~

\(^o^)/

次回は写真撮ってきますm(__)m

自然観察会♪

カテゴリー:銀寄栗

早いもので、気が付くと、師匠も走り回る12月(^_^;)

もう先月になりますが、当店栗畑にて、自然観察会を行いました\(^o^)/


 開催日は11月26日(日)でしたが、当日の朝はこんな感じ…

辺り一面に霜が降りていて、さすが、能勢町といった寒さでした(^_^;)

もうこの季節、昆虫などは、あまり見当たりませんが、それでもよく探せば、いろいろいるようで、皆さん、熱心に観察されてました♪

当初は10月に開催予定でしたが、台風の影響で延期となり、この日に開催することになりました。

それでも総勢30人以上の方々で賑わいました

\(^o^)/

この場での写真は自粛しますが、

栗の木に付く、「クリオオアブラムシ」。

普通目にするアブラムシよりも大きく、1センチ近くもあります。

当店では、農薬を使ってませんので、あちこちに塊りで付いています(^_^;)

取り立てて、栗の木に被害はもたらさないので、放ってます。

だいたい、収穫期頃から活動を始め、今の時期は枝下に、これまた気持ち悪い卵(1ミリ程度)がビッシリ…

これからの冬の時期にまとめて、この卵塊を潰します(^_^;)

なかなか可愛いとも言い難いクリオオアブラムシですが、大阪自然史センターの虫博士が解説のもと、参加者さんは興味津々。

最後は、この時期のお楽しみ、焼き芋♪
 

喜んでいただけましたm(__)m

今回ご参加いただきました皆さんは、吹田を始め、ほぼ都市部にお住まいの方々。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございますm(__)m

これからも都市部にお住まいの方々に、

楽しみながら、里山について考えていただける機会を持てればなぁ~と、思います‼

最後になりましたが、開催にあたって、ご尽力いただきました大阪府の皆様を始め、能勢町役場、大阪自然史博物館、大阪自然史センター、吹田市役所、生物多様性保全ネットワークの皆様、等々、本当にありがとうございます‼

職業体験‼…、いつもゴメンね、そしてありがとう\(^o^)/


毎年、11月の初旬に近所の中学生が職業体験に来てくれます♪

いつも思うのが、

「ゴメンね。」

というのも、履歴書にはみんな、

「上手に和菓子を作れるか、わかりませんが、頑張ります‼」

みたいな内容がほとんど(^_^;)

和菓子づくりが体験したくて、ウチに来てるのに、和菓子には一切触れることもありません‼

先生にはその旨、お伝えしてるんですけどね(^_^;)
というわけで、毎年恒例、栗畑の大掃除~

\(^o^)/

まずは「稚イガ(実が成らなかったゴルフボール大の小さなイガ)」などのイガ集めと、石拾い。

やっぱりイガ集めは人海戦術やなぁ~♪

助かるわ~\(^o^)/

で、今年は男子もいると聞いたので、来年苗木を植えるための穴堀り‼

苗木が目一杯、広く、根を張れるようにできるだけ大きな穴を掘るのが良いと言われています。

男子、頑張れ~\(^o^)/

て、思ってたら、

早々に、女子と交代(-_-;)

コラッ、しっかり男らしいところ、見せたらんか~い(*`Д´)ノ!!!

というのは、もはや昔話のようです(◎-◎;)

まぁ、男子も女子もなく、みんなで頑張って、大きな穴を掘ってくれました~\(^o^)/

途中、お昼を挟みながら、みんなよく頑張りました~\(^o^)/

ありがとう‼‼

で、そうこうしているうちに、3時のおやつタイム♪

ちょうど寒くなってきたので、

みんなが集めてくれたイガを燃やして、まず焚き火(^^)

で、コレ‼

そう、焼き芋~♪

先日、藤井寺のバジル農家、大村さんから仕入れた安納芋で焼き芋‼

ホッコリ、しっとり、アツアツ♪ヽ(´▽`)/

やっぱり焼き芋するなら、安納芋~♪

みんな、働くっていうこと、何か少しは感じてくれたかな?

またいつでも手伝いに来てね~\(^o^)/

栗から育てた栗羊羹【銀寄】、製造中ですm(__)m

カテゴリー:銀寄栗

すっかり秋も深まりました(^^)

今年度収穫した銀寄栗も、低温熟成が進んで、栗羊羹【銀寄(ぎんよせ)】の製造に追われていますm(__)m

まずは、水。

水無瀬にあります、水無瀬神宮境内の湧水「離宮の水」。

大阪で唯一の名水百選です。

 続きまして、こちらの糸寒天。

古くから高槻で作られている高級寒天。

寒天が溶けたところに、こちらも、大阪で百年続く老舗砂糖の名店「上野砂糖」の【和砂糖】を投入。

茶褐色で、ミネラル分が豊富、コクのある美味しさ♪

で、下の写真が銀寄栗。

一粒ずつ丁寧に皮を剥き、

半分は甘露煮、残りの半分は蒸して、裏漉しして栗ペーストに。

甘露煮は出来るだけ柔らかく炊くのですが、柔らかく炊くと、多少煮崩れてしまいます。

でも、せっかくの大粒栗、形もそのままに炊きたいのですが…

裏漉し後。

さすがに低温熟成後ですので、褐色が進んでいますが、味はグーッ♪ヽ(´▽`)/

舌触りの滑らかなこと‼

このままでも十分甘く仕上がっております‼

低温熟成させるのは、原材料の第1位に「栗」を持ってきたかったからなんです(^^)

羊羹は和菓子でも糖分の多いお菓子。

通常加工ですと、砂糖が第1位。

でも、栗が甘ければ、その分、砂糖の使用量を減らせます。

とにかく、栗が持つ、お菓子としてのポテンシャルを最大限に引き出して作ったのが、この栗羊羹【銀寄】なんです‼
「これ、栗じゃなくて、芋でしょ‼」

て、たま~に言われるんですが、

全く違いますm(__)m

確かにどちらもでんぷん質が多い食材ですので、少しだけ似た風味はありますが、落ち着いてゆっくり食べていただけるとわかります(^^)

栗本来の香り、栗独特な舌触りの滑らかさ♪

芋のような繊維質は全く感じられません‼(芋は芋で美味しいんですけどね、すみませんm(__)m)

芋と間違われることもあるほどの甘さなんです(^_^;)

ペーストを加え、煉り、最後に甘露煮を投入して、漸く炊きあがったのが下の写真‼

その工程数だけでみても、当店の作る他の商品とは桁違いの手の込みよう‼

更には栗の栽培に至っても、農薬を使わず、有機肥料だけで育てていますし、

通常、農協ですら収穫後に行う、燻蒸殺虫もしていません‼

構想、試作を重ねて、足掛け5年。

ようやくできましたm(__)m

全てが栗の羊羹、里山の風景に思いを馳せながら、是非味わってみてくださいm(__)m

最新記事
2018.12.13
今頃シイタケ(^_^;)
2018.12.06
冬支度
2018.11.22
開墾予定地の下見
2018.11.08
今年の「びっくりもち」、間もなく終了しますm(__)m
2018.10.25
たまには気分を変えて(^^)
カテゴリー アーカイブ