1. 津村屋ホーム>
  2. 店主ブログ

彦根へ行ってきました。


滋賀県彦根市にあるフクハラファームさんのところへおじゃましました。

大規模で展開されている田んぼは大きなもので、1町(10000平方メートル・100㍍×100㍍)ほどもあります。

DSC_0712 DSC_0726

一度に8列も植えられる田植え機、車と同じくらいのお値段するそうです。

DSC_0710

田植え機は基本ひとりで操縦するのですが、上の写真は二人乗りタイプ。

「アイガモ農法」用の苗(丈が長い)を植える田植え機。

後ろから出ているのはヌカだそうです。

DSC_0731

今年は天候が不安定で心配ですが、すくすく育ってほしいです。

 

先月五月に起こった突風でハウスに被害がでてしまいました。

DSC_0733 DSC_0736 DSC_0735

局地的な被害で、すぐ隣のハウスはビニールだけの被害で済んだとか。

骨組みまで壊れると、数百万円も掛かるそうです。

DSC_0737

ハウスの中にはブルーベリーがあったのですが、今は屋根無し。

例年ですと、ブルーベリー狩りで、賑わっているのですが・・・。

雨が降ると、実が弾けてしまうので、今年はひっそりと。

DSC_0738

このくらいのサイズのを4?5粒食べるのが一番おいしい食べ方\(^o^)/

DSC_0741

DSC_0715

琵琶湖の豊富な水で育つ近江米。

彦根周辺は今、本当に美しい緑が広がっています。

大阪では激減してしまった風景。

次の世代に受け継いでほしい日本人の景色です。

 

彦根へ行ってきました。

カテゴリー:食の安全安心

今月、15日に滋賀県彦根市のフクハラファームさんhttp://www.fukuharafarm.jp/へ行ってきました。

DSC_0697

DSC_0698

DSC_0703

当店で使用している「近江羽二重もち米」の田植えが行われるということで、

お忙しい中、皆様親切丁寧に対応してくださいました。

フクハラファームさんは大規模で農業を展開しており、環境に優しい農業を実践されております。

まず、気づくのが、「若者」が多い!!

これからの農業の、モデルケースになるような、活気に満ちた農場です\(^o^)/

 

DSC_0707

もちろん、いろんな農業のカタチがあります。

今流行りの「六次産業化」のように今までの農業に付加価値(加工など)をプラスして流通させる方法。 フクハラファームさんのように高品質の農産物を大規模で生産する方法。

フクハラファームさんでは更に、販路を独自に開拓している部分もあり、価格の主導権を確保しておられます。

どんなカタチであれ、後継者がいると、ホッとします(^_^;)

社長さんの三人の息子さんが、それぞれに違った役割を持ち、

息子さんを中心にして社員が纏まっているという感じ(^O^)

DSC_0720

?つづく?

5年経ちました。

カテゴリー:未分類

先日、末っ子の娘が5歳の誕生日を迎えました。

末っ子は大阪生まれの大阪育ち。生まれる少し前に、大阪へ戻ってきたので、

上の娘や、嫁はんも大阪へ来て5年が経ちました。

5年も経つと、上の娘たちもすっかり大阪弁が身に付き(初めは心配しましたが・・・)、

娘につられて、嫁はんまでもが大阪弁(ちょっとけったいな感じです)。

 

今さらですが、振り返ると、時が経つのは早いですね。

さすがに末っ子は甘えん坊で、まだまだ赤ちゃんのような存在です。

ところが、こないだ突然、

「面白くないから、ひとりで公園に行ってくる。」

と言い出しました。

その時はなだめて、思いとどまりましたが、数日後、僕がいないときにまた言い出したそうです。

公園までは信号のある大通りを渡らなければ行けません。

ばあちゃんが、後を付けて行くと、赤信号でチョコンとひとり青信号に変わるのを待っていたそう。

青に変わって平然と公園まで行き、ブランコを楽しんだとか。

 

ふと、幼い頃にテレビで観た「僕は5歳」という映画を思い出しました。

高知県で祖父母と暮らす5歳になる男の子が、スケッチブックを頼りにたったひとりで、大阪の父親のもとへ行くという話。

5歳の子のことを気遣い、ついた嘘が返って傷つけてしまう。大人へ不信感を募らせた主人公が、大人の目をかいくぐり、

捕まらないように知恵を搾って勇気を奮っての大冒険!

実話だそうですが、幼いながらに「スゲェ?!!」と思わされた映画です。

 

子供は大人より敏感で、鋭くて、逞しくて、傷つきやすい。

不信感を持たれないよう、頑張ります。

やっぱり節電。

カテゴリー:未分類

実際どれくらい電力が足りるのか、足りないのか本当のところはわかりませんが、

今年の夏、関西地方の電力に余力が無いのは確かなようですね。

 

家庭での節電は

まず、「無駄なスイッチを消す」ことが大前提です。

 

次に、できることから、楽しみながら節電するのがコツだそうです。

 

事業所はさらにプラスαが求められています。

この際、思い切ってみました!

1-LED

7つあった「ハロゲンランプ」を「LED」に交換!

少々出費が痛いですが、これだけでも約400ワットの節電になりました。(従来比9割カット)

今年早々に調子の悪かったエアコンを入れ替え従来比6割カット

同時に冷蔵ショウケースも入れ替え、同じく6割カット

昨年に比べると、相当節電できていると思います。

ただ、おかげさまで、借金はカットできずに、かなり増えております(^_^;)

箕面の柚子、ただいま開花中\(^o^)/


大阪府箕面市止々呂美地区では今、柚子の花が咲いています。

DSC_0671

柚子の畑に足を踏み入れると、優しいあま?い香りが漂ってきます。

柚子の果汁からは想像もつかない甘い香りです。

DSC_0667

色はご覧のとおり白で、大きさは5センチほどでしょうか。

花びらは少し肉厚です。

目をつぶって匂いを嗅ぐと、屈強な男でも乙女チックになってしまうような「花の甘い香り」がします。

DSC_0658

上の写真を見ると、良くわかりますが、柚子の花は春から成長した新芽の先にできるようです。

DSC_0677

箕面の柚子は「実生栽培」といって、種から育てます。

そのため、実が成るまで15年以上かかりますが、病気に強く、無農薬だそうです。

この日は天気が良かったせいもあり、ミツバチから、オオスズメバチまでいろんな蜂が柚子の花で宴会してました。

今年は全体として裏年にあたるそうですが、中には上の写真のように一本の木に鈴なりの花を咲かせる木もありました。

 

今年、どうか豊作でありますように。

最新記事
2018.10.18
今年もいよいよ、【びっくりもち】\(^o^)/
2018.10.13
2018年・10月のイベント出展情報
2018.10.04
大阪自然史博物館に行って来ました~\(^o^)/
2018.09.20
シャインマスカット♪
2018.09.17
2018年・9月のイベント出展情報
カテゴリー アーカイブ