メニューボタン
  • 津村屋インスタグラム
  • 津村屋Facebook

津村屋

8:00~20:00(木曜休)

読みもの

店主ブログ

5年経ちました。

2012.06.26

先日、末っ子の娘が5歳の誕生日を迎えました。

末っ子は大阪生まれの大阪育ち。生まれる少し前に、大阪へ戻ってきたので、

上の娘や、嫁はんも大阪へ来て5年が経ちました。

5年も経つと、上の娘たちもすっかり大阪弁が身に付き(初めは心配しましたが・・・)、

娘につられて、嫁はんまでもが大阪弁(ちょっとけったいな感じです)。

 

今さらですが、振り返ると、時が経つのは早いですね。

さすがに末っ子は甘えん坊で、まだまだ赤ちゃんのような存在です。

ところが、こないだ突然、

「面白くないから、ひとりで公園に行ってくる。」

と言い出しました。

その時はなだめて、思いとどまりましたが、数日後、僕がいないときにまた言い出したそうです。

公園までは信号のある大通りを渡らなければ行けません。

ばあちゃんが、後を付けて行くと、赤信号でチョコンとひとり青信号に変わるのを待っていたそう。

青に変わって平然と公園まで行き、ブランコを楽しんだとか。

 

ふと、幼い頃にテレビで観た「僕は5歳」という映画を思い出しました。

高知県で祖父母と暮らす5歳になる男の子が、スケッチブックを頼りにたったひとりで、大阪の父親のもとへ行くという話。

5歳の子のことを気遣い、ついた嘘が返って傷つけてしまう。大人へ不信感を募らせた主人公が、大人の目をかいくぐり、

捕まらないように知恵を搾って勇気を奮っての大冒険!

実話だそうですが、幼いながらに「スゲェ?!!」と思わされた映画です。

 

子供は大人より敏感で、鋭くて、逞しくて、傷つきやすい。

不信感を持たれないよう、頑張ります。

Copyright © 御菓子司 津村屋. All Rights Reserved.