メニューボタン
  • 津村屋インスタグラム
  • 津村屋Facebook

津村屋

8:00~20:00(木曜休)

読みもの

店主ブログ

改めまして、facebookって凄い!

2012.09.04

先週の水曜日(8月29日)から始まったJR大阪三越伊勢丹での催事も残すところ、1日で最後。

開催が決まったときは、正直いやで嫌で仕方がなかったんです。

ウチのように家族経営の小さなお店が、百貨店で1週間も販売するのは大変(^_^;)

当店の働き手は4人。

朝、商品の製造をして、2人で納品し、ひとりはそのまま残って店番。お店に戻って足りない商品の製造。

製造に目途がたつまで、百貨店ではひとり夕方まで店番。夕方になって、商品を抱えて百貨店へ。

ここでようやく昼食。9時前に閉店後、お店に戻って片付けと翌日の準備。

これが、1週間続きます。とっても過酷な1週間(-_-;)

 

「嫌やったら、止めときゃエエのに。」とお思いかもしれませんが、出店を決めたのには3つの理由があります。

まず、一つ目。百貨店はいろんなお店が集まっています。それぞれのお店の売れる理由を見つけて参考にするためです。

例えばお客様への接し方や、商品の見せ方など、当店に足りないものをたくさんのお店の中ら探しやすいこと。

2つ目は、三越伊勢丹のバイヤーさんが、非常に熱心だったからです。当店のような街の小さな和菓子屋に、

何度も足を運んで、細かいところまでサポートしてくださいました。

最後の3つ目ですが、自分たち夫婦が出合ったのが、伊勢丹でして(^_^;)もちろん大阪ではありませんが、

感謝の意味も込めて決めました。

 

まだまだ知られていない当店が、ましてや他府県からの観光客が多い百貨店で、どうなることかと心配しましたが、

当店が取り組んでいる大阪産(おおさかもん)に興味をもってくださる方も多くいらっしゃいました。

そして何より、フェイスブックを見てたくさんの方々に来ていただきました。

「フェイスブックの輪」を肌で体感しました。

「友達の写真を見ておいしそうやったから来た。」というお客様が非常に多くて、

フェイスブックのつながりを目の当たりにすると、昔の「笑っていいとも」そのものです!

「友達の友達はみな友達だ!」

ホントわざわざお越しくださった皆様に感謝申し上げます。

ありがとうございます<m(__)m>

ここでおひとりご紹介します。

ご来店くださった当日、フェイスブックに投稿すると言いながら、諸事情で投稿できていませんでした。

大阪で「三角のつまようじ」を作っていらっしゃる広栄社の白浜さんです。

1-三角ようじと言えば広栄社の白浜さん!

広栄社さんとは大阪のエエもんばかりが集まる「大阪ミュージアムショップ」で、一緒に大阪の魅力を全国に発信しています。

白浜さん、ありがとうございます<m(__)m>

 

まだ、今日1日残っていますが、有意義な1週間でした。

おかげさまで当店の課題も少し見えてきました。

お越しくださった皆さま、本当にありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願い致します<m(__)m>

Copyright © 御菓子司 津村屋. All Rights Reserved.