メニューボタン
  • 津村屋インスタグラム
  • 津村屋Facebook

津村屋

8:00~20:00(木曜休)

読みもの

店主ブログ

初夏を告げる生き物たち

2012.05.31

気が付けば、春も終わり、もう夏がそこまで来ています。

ちょこちょこ北摂の里山へ出かけますが、今日は初夏を感じさせてくれた生き物たち。

DSC_0644

能勢の田んぼはゴールデンウィーク頃から田植えします。

田んぼに水が引かれると一斉に目を覚ますのがカエルたち。

賑やかになりました。

DSC_0650

続きまして、能勢の日本一大きなケヤキで、「大阪ミュージアム登録物」でもある

野間の大ケヤキ。

若葉で覆われるころ、毎年アオバズクの夫婦がやって来ます。

メスはケヤキの窪みで卵を温め、その間オスはすぐ近くで睨みを効かせて、メスを守ります。

写真はケヤキのすぐ隣にある柿の木に留まるオス。(少し分かり難くてすみません)

平均して2?3羽のヒナが巣立つそうです。

夫婦二人三脚での子育て、お疲れ様です。

DSC_0662

コチラは箕面市、止々呂美地区での1枚、山椒の実です。

薬味として重宝しますよね。食欲の無くなる夏には大活躍します。

先日春にハマった「ハナザンショウ」とは少し種類が異なるようです。

ハナザンショウは実が成りません。

この実を佃煮にしてお茶漬け、夏バテストッパーです。

 

他にツバメも紹介したかったのですが、飛ぶのが速くて写真を撮れませんでした。

梅雨が来る前の今の時期、たくさんの生き物たちで、里山は萌えてます。

Copyright © 御菓子司 津村屋. All Rights Reserved.