メニューボタン
  • 津村屋インスタグラム
  • 津村屋Facebook

津村屋

8:00~20:00(木曜休)

読みもの

店主ブログ

大阪産(もん)ってやっぱりエエわ~。

2010.04.16

 

今日は三笠(みかさ)についてです。

「どらやき」とも言いますが、津村屋では「三笠」で販売しています。
最近ではいろいろな種類の三笠を見かけるようになりました。
ウチのは一見、オーソドックスな類で、中にはつぶあんと栗が入ってます。

が、しかし、違うんですよ。

1 玉子が「大阪の地玉子」。
2 生地もあんも全て手作り
3 玉子の割合が高い。
4 その結果、「しっとり」感が凄い。

まず、焼く前の生地です。

1-三笠生地

ちょっと暗いですが、黄色が濃いでしょ?
風味もいいんですよ。
画像ではなかなか伝え難いのですが・・・。

この写真の右端にちょっとだけ写ってる「サジ」を使ってすくいます。(ぺちゃんこのオタマみたいな道具です)

サジですくって一枚流し、またすくっては一枚流すの繰り返しで・・・、

地味でしょ?

よーく見ると、上の5枚はプツプツと泡が出ています。しばらくすると、ひっくり返す頃合いです。

2-三笠

ひっくり返すと。
この色が、「大阪の地玉子」の色です。

3-三笠2
スーパーやコンビニで売っているのと比べると少し濃いめです。

このときのかおりはついつい、つまみ食いしてしまいたくなります。

こんがり焼けているのにしっとり。

優れたたまごを新鮮なうちに焼いてしまう。
単純なことですが、とても大切なことなんです。

Copyright © 御菓子司 津村屋. All Rights Reserved.