1. 津村屋ホーム>
  2. 銀寄栗プロジェクト

とにもかくにも時間との勝負!!

カテゴリー:銀寄栗

気がつくと、もう2月も半ば…

最近ようやく少し、日が伸びてきました(^^)

とはいえ、全く時間が足りない(TT)

どうして、1日は24時間なんでしょ!!

来週辺りから、1日80時間くらいにならんかな~(^_^;)

伐採を1日も早く終わらせたいのが本音ですが、

この日は4月に接ぎ木するために、

どうしても今、穂木が必要…

ということで、穂木採取のため、割り切って、朝から剪定作業。

今年は2日で剪定を終わらせようと思います!!

今年6年目を迎える若木。

1年でこんなに枝だらけ…

教科書によると、剪定の基本は、

①低樹高栽培の徹底

②下枝を広げ、横から見て台形の樹形に

③ノコギリ⇒剪定挟みの順序で剪定

栗の木の特性上、上へと伸びたがります。

上へと伸びた枝は、さらに天高く、徒長の穂を伸ばします。

なもんで、天高く徒長(勢いよく伸びた枝のこと)な穂へ優先的に栄養が偏るため、上へ伸びた徒長の枝はまず、バッサリ!!

下枝をどこまで伸ばせるかで、その木の収穫量が決まるくらい下枝は重要なのです。

始めの頃はシカの食害が酷く、シカにとって食べ頃な下枝は真っ先に食べられてました(TT)

ようやくここ数年シカを締め出せているので、思いきって下枝を誘引してやります。

と、まぁ、こんな感じにキレイスッキリ!!

切り口にはトップジンペーストといって、マキロンみたいな消毒薬(これは農薬ではありませんのでご安心を♪)を塗って一丁あがり!!

なんですが、このクラスの若木一本あたりの剪定時間が、約40分…

成木クラスだと、倍の時間がかかります(-_-;)

この日1日で、ざっと8本…

この計算だと、1週間かかるやんorz

あぁ~、終わらな~い♪ヽ(´▽`)/

穂木の写真も撮り忘れてるし…

穂木はまとめて、新聞紙にくるみ、ビニール袋に入れて4月まで、冷蔵庫で保管。

この穂木を使って、4月に接ぎ木します。

とりあえず、またしばらくはキコリに戻りまして、隙を見つけて、剪定しま~す\(^o^)/

やるしかおまへんm(__)m

やはり、森林組合に頼んだ方が良かったのかなぁ…

カテゴリー:銀寄栗

正月もあっという間に過ぎて、もう残された時間は、約1ヶ月…

ここまで、イケイケで木を伐ってまいりましたが、早々に行き詰まった感が(^_^;)

というのも、木の引取り手がみつからない…orz

木の国、ニッポン!! 木の需要なんて、山ほどあるでしょ~♪

なんて、思っていたのが間違い。

もちろん、木材の需要は、ありますよ!!

でも、運ぶのに、山から道路まで降ろさないとどうにもならない…

そこが一番の壁!!

山から道路までって、道が無い(^_^;)

人が通れる道はあるのですが、車や重機が通れなければ、人力あるのみ…

材木の価格が、戦後みたいに高ければ、そういった人件費も多少上乗せできるのだろうけど、輸入材に押されっぱなしの今、経費は極限まで押さえなければ、材木として扱えないのが現状です。

さぁ、どうするべ~(^_^;)

SNSで多くの皆さんにご協力いただきましたが、それでもなかなか…

来月の24日に、【木の駅】イベントがあって、5トンまでは何とか引き取って貰えそうだけど、軽く見ても倍はありそう(^_^;)

日本全国の中山間地の皆さんのご苦労が、こんなところにもあったんですね…

さぁ、時間が無い!!

とりあえず、地道に少しずつ片付けていきます。

m(__)m

だいぶ開けてはきましたが、まだまだ!!

もっと広い空が見える日は来るのか…

引き続き、ヒノキご入り用の方、募集中で~す!!

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

いよいよ!!

カテゴリー:銀寄栗

新年、あけましておめでとうございます\(^o^)/

昨年、いろいろありましたが、無事に新年を迎えることができました。

ありがとうございますm(__)m

今年は、新たに未開の地を開墾します!!

どこまでできるかわかりませんが…

大阪府能勢町原産の銀寄栗。

今のままでは、あと10年もすれば、半減してしまうでしょう…

近年、夏の干ばつや台風、獣害など、栗を栽培するにあたり、過酷な環境となりつつありますが…

銀寄栗の故郷を守る為、決断しましたm(__)m

この桧や杉を伐って、銀寄を植えます♪

薪ストーブをお使いの皆さん、いっぱい薪ありますよ!!

取りに来られる方には差し上げます(^^)

2月いっぱいが勝負時!!

新年早々、フルスロットルで頑張ります!!

今年、皆様にとって平穏な一年でありますようにm(__)m

今頃シイタケ(^_^;)

カテゴリー:銀寄栗

今年の漢字が発表されました。

【災】

本当に今年、関西地方は、天災が多かったです…

地震、大雨、干ばつ、台風。

各方面で大変な被害がでました。

当店の栗畑でも、夏の干ばつで、栗の実の着きが異常に悪かったり、台風で栗の木が折れてしまったりと、苦難の年でした(^_^;)

でも自然が相手の栗栽培。

良いことがあったり、辛いこともあります。

挫けそうになっても、前進あるのみ!!

来年へ向けて準備進めますm(__)m

先週、ふと見ると、

おぉ~、美味シイタケできてるやん♪

いつもは10月中頃からポツリポツリと出始めるんですが、今年は夏の干ばつや、11月になっても雨が少なかったので、ほとんど出ませんでした(TT)

それが今頃になって出てくるとは~\(^o^)/

いろいろ苦難があっても、

やっぱり自然は逞しい‼️

さぁ、シイタケ食べて頑張りますよ~\(^o^)/

冬支度

カテゴリー:銀寄栗

毎年言いますが…

来年の収穫へ向けて一番大事なのは、

この冬場の準備!!

剪定をしたり、

来春、苗木を植える為の穴を掘ったり…

この冬場、どこまで丁寧に管理をしてやれるかが、来期の収穫増へのカギ!!

というわけで、早く準備にかかりたいのですが、

その前に台風の後始末がまだ途中でして…

先の台風で折れてしまった大木、ある程度バラすとこまではしておいたのですが、このまま置いておくと、作業の邪魔にもなりますし、早いこと片付けなくては(TT)

ウチにチッパーさへあれば…

細い枝は粉々にできて、処分も簡単なのですが、そんな高価な機械はあるはずも無く(-_-;)

地道に燃やすのみ!!

ここは、杉の木(燃えやすい)が近くにあるので、大きな炎にならないよう、細心の注意を払いながら燃やすので、シンキクサイ(TT)

移動させてドカンと燃やしてしまいたいのですが、いくら乾燥してるといっても、クソ重たくて(TT)

とにかく、急ピッチで、片付けま~す\(^o^)/

早く、この薄暗い森を栗園に!!

年明けからはペース上げれそうなので、

それまでにどこまでできるかな。

もっと大きな空、太陽の光がたっぷり当たるように切り開きますm(__)m

山の神様、もう少し光の射す里山の光景を復元するだけです!!

お見守りくださいm(__)m

能勢栗ファンの皆様、よろしければ、ご一緒しませんかm(__)m

最新記事
2019.02.07
とにもかくにも時間との勝負!!
2019.01.24
やはり、森林組合に頼んだ方が良かったのかなぁ…
2019.01.10
いよいよ!!
2018.12.13
今頃シイタケ(^_^;)
2018.12.06
冬支度
カテゴリー アーカイブ