1. 津村屋ホーム>
  2. 銀寄栗プロジェクト

春が来ました\(^o^)/~その2~


あの寒い日々が随分前のような気がします。
連日春を通り越して初夏の陽気(^_^;)
里山にも少し遅い春がやって来ました♪

里山の春はいろんな恵みをいただくことができます\(^o^)/

image

ワラビ。
た~くさん、生えてます♪
ワラビ摘みしてみたい方、いかがですか~\(^o^)/
お声かけてくださいませm(__)m

image

フキ(トンボが留まってる葉っぱ)。
あちこちに生えてます♪

image

image

タケノコ。
ほんの小一時間でこんな感じです\(^o^)/

他にも木の芽や花山椒、ゼンマイ、たらの芽などなど。
里山には春の味覚がたくさんあります\(^o^)/

お時間ございましたら、里山の春を探してみてくださいm(__)m

大阪・吹田の和菓子屋「津村屋」

春が来ました\(^o^)/

カテゴリー:銀寄栗

image

大阪の街中ではサクラの花も散り、春爛漫の様相ですが、大阪のてっぺん「能勢町」では一足遅い春の訪れです。

栗の新芽がようやく膨らみ、稔りの秋に向けて目を覚ましました\(^o^)/

image

今のところ、電柵の効果てきめん!!
シカによる被害はほぼありません♪
このまま順調にいってくれればいいのですが…
どうか例年通りの天候でお願いしますm(__)m

image

山椒は栗より早く、芽を出しました\(^o^)/
どれくらい実を結ぶのか、楽しみです!!

大阪・吹田の和菓子屋「津村屋」

苗木の植え付け番外編3


急遽、管理させていただける畑が増えまして、慌てて草刈りしてきました(^_^;)

image

新しい畑はこれまでの畑、すぐ隣にありまて、細長い土地です。

ここには栗ではなくて、「クルミ」を植えてみました\(^o^)/
あまり能勢町ではクルミを植えていらっしゃる方がいなくて、苗木を探すのも一苦労しましたが、長野県ではクルミの栽培が盛んで、品種改良も進んでいるようです。

「豊笑」と「清香」という品種を1本づつ…高いんです(^_^;)
今年、上手く根付けば、来年更に増やそうと思います♪

豊笑と清香、どういう品種かと言いますと、どちらもクルミ独特の硬い殻が薄く、割りやすい!!
更に実の大きい品種です\(^o^)/

ちょっと欲張りで、獲らぬタヌキの~みたいな感じがしますが…

当店の一番人気商品「くるみもち」のクルミを大阪産で無いものかと、
以前から大阪で作っていらっしゃる方を探していたのですが、見つからず(T_T)

それなら、「自分でクルミ育ててみよう!!」
と、思い切ってみたわけです(^_^;)

ハッキリ言ってどうなるものか、検討もつきませんが、どうぞ暖かい目でお見守りくださいm(__)m

image

image

ここの場所は少し水捌けが悪いので、溝を作ったり少し手をかけてやらないといけませんが、
眺めが素晴らしい\(^o^)/

image

結実するのに、5~6年もかかるので、まだまだ道のりは長いですが、頑張ります!!

大阪・吹田の和菓子屋「津村屋」

苗木の植え付け番外編2


前回同様、少し栗から逸れますが、こんなん植えてみました\(^o^)/

image

今年から管理をさせていただいてます栗畑の木があまりにも大きくなり過ぎていたので、「カットバック」をしました。

カットバックというのは、大きく育ち過ぎた老木は「木」の部分に栄養を取られてしまうので、あまり良い栗が成りません。
また、木が大きいと、剪定などの管理も困難なので、地上1.5メートルくらいのところまで切り戻します。
こうすることで、木の若返りをはかります。

今現在、栗畑の管理は低樹高の栽培法が一般的とされています。

こうして、冬場にカットバックした栗の木は燃やしたりしたのですが、
せっかくなので、シイタケの菌を植えることにしました\(^o^)/

栗栽培の師匠に相談したところ、通常シイタケはクヌギやコナラの木に植えるそうですが、栗の木でも充分育つとのこと♪
ただ、栗の木はクヌギやコナラに比べて硬いのでシイタケが成るのに時間がかかるそうです。

ドリルで穴を開け、そこにシイタケの菌を詰めていきます。
ナマの木は重くて運ぶのが大変でしたが、嫁さんと子供も手伝ってくれて、作業は意外と早く終わりました(^^)

ちょうど日当たりの悪い場所があるので、そちらで保管。

来年以降に期待!!
またひとつ楽しみが増えました\(^o^)/

大阪・吹田の和菓子屋「津村屋」

苗木の植え付け番外編


栗の苗木は無事植え付け完了しました\(^o^)/

あと少し場所を見つけてこんなん植えてみました♪

image

image

「朝倉山椒」と「花山椒」の苗木です(^^)
山椒といえば、春の風物詩ですが、こちら能勢町ではまだまだ芽が出てません。
どちらも山椒に変わりはありませんが、
朝倉山椒は雌木で実が成ります。
葉は少し硬いそうです。
そして何より、一番の特徴は「トゲ」がありません\(^o^)/

トゲがあると、収穫のとき痛いので、朝倉山椒にしました。
お菓子には…たぶん使いません(^_^;)

花山椒の方はというと、雄木で実は成りませんが、5月頃に咲く花のツボミが、何とも珍味です♪
醤油に少し砂糖を入れてサッと炊きます。
山椒の実よりマイルドでプチッとした食感もあり、ごはんのお供には最高!!
大好きです\(^o^)/

まだまだちっちゃい苗木ですので、あまり採れないでしょうが、楽しみがひとつ増えました\(^o^)/

大阪・吹田の和菓子屋「津村屋」

最新記事
2018.12.13
今頃シイタケ(^_^;)
2018.12.06
冬支度
2018.11.22
開墾予定地の下見
2018.11.08
今年の「びっくりもち」、間もなく終了しますm(__)m
2018.10.25
たまには気分を変えて(^^)
カテゴリー アーカイブ