メニューボタン
  • 津村屋インスタグラム
  • 津村屋Facebook

津村屋

8:00~20:00(木曜休)

読みもの

店主ブログ

大阪自然史博物館に行って来ました~\(^o^)/

2018.10.04

当店が取り組んでいる、能勢栗を復活させる「銀寄プロジェクト」。

生物多様性に、多少は貢献できているとのことから、一昨年くらいから大阪自然史博物館と、関わらせていただいてます。

今、大阪自然史博物館ではキノコの特別展が開催されていまして、先日行ってまいりましたm(__)m

会場は自然史博物館内のネイチャーホール2階

手作り感満点ですが、とても丁寧な印象(^^)

能勢町にある当店の栗畑、雨が少し続く度、キノコが生えてくるので、興味津々♪

野生のキノコを観察するポイントなども教えてもらえます(^^)v

写真の無かった頃は、手書きの絵が手掛かりだったのでしょうが、今の時代でも、絵の方がわかりやすかったりします。

図鑑なんかでも絵で紹介されているものが多いです。

それにしても、上手(◎-◎;)

とにかくキノコの種類はべらぼうだ!!

キノコって何かから栄養をもらって育つイメージですが、中にはキノコに養われる植物があったり

キノコも他の生物と同様、いろんな生き物と関わって生きているんだなぁ~。

食いしん坊な僕が、特に気になったのが、コチラ‼️

美味しいキノコも知りたいけど…、

まずは、食べちゃいけないキノコが知りたい♪

とはいえ、やっぱり専門家がいないと、見分けが難しいみたいです(TT)

うわぁ~、見るからに食べたらヤバそう(◎-◎;)

コチラは食べたらアカンきのこの模型。

標本もたくさんありましたが、僕みたいな素人には、上の写真みたいな模型の方が、わかりやすいかな(^^)

松茸のお話なんかもあって、この日は時間が無くて、一時間ちょっとで閉館になっちゃいましたが、ゆっくり見たら、2時間でも足りないでしょう。

時間に余裕をもってお出かけくださいm(__)m

尚、館内は撮影OKですので、写真撮りまくって、後でゆっくりウチで見るのもアリかも(^^)

もうすぐキノコの特別展は閉会してしまいますので、ぜひ!!

栗畑では、剪定した栗の木や、クヌギで、シイタケのホダ木を作っています。

年に2回、春と晩秋に収穫できるのですが、まさに収穫間近!!

あぁ~、シイタケ食べたいΨ( ̄∇ ̄)Ψ

Copyright © 御菓子司 津村屋. All Rights Reserved.