メニューボタン
  • 津村屋インスタグラム
  • 津村屋Facebook

津村屋

8:00~20:00(木曜休)

読みもの

店主ブログ

小っちゃいけれど、イッチョマエ!!

2011.08.01

箕面へ行ってきました。

箕面市の止々呂美(とどろみ)地区は昔から柚子(ゆず)の産地として知られています。

いつもお世話になっている「中政園」http://www.nakamasaen.com/の中上さんに柚子畑を案内していただきました。

1-柚子の木1

今年の生育状況は今のところ順調です。

昨年は出来が悪い「裏年」の上に、猛暑の影響で散々でした。

例年通りの暑さでありますように。

2-柚子の木2

ただ、中上さんによると、

今一番の心配は暑さよりも動物による被害だそうです。

シカにイノシシ、カラスやサルが主な加害獣です。

お話を伺っている最中も、絶えず2~3分感覚で威嚇用の発砲機が鳴ってました。

3-柚子の木3

 

箕面の柚子は「実生栽培」と言って接ぎ木ではなく、種から育てています。

種から育てることで、実ができるまでに15~20年という長い期間が掛かります。

でも、そのおかげで農薬いらずの逞しい木になり、また香りも一層強くなるのです。

5-チビ柚子

まだまだこれくらい小さな柚子ですが、ビックリするくらい柚子特有のいい香りがします。

「ちっちゃいけれどイッチョマエ!」

「ナメたらあかんで!(酸っぱいで)」

とでも言っているようです。実際メチャクチャ酸っぱかった~!

6-山椒の木と中上さん

いつも柚子のことをメインに、たくさん話してくださいます、

中政園の中上さん。(腰に下げているのは蚊取り線香)

今年の柚子、楽しみです。

Copyright © 御菓子司 津村屋. All Rights Reserved.