メニューボタン
  • 津村屋インスタグラム
  • 津村屋Facebook

津村屋

8:00~20:00(木曜休)

読みもの

店主ブログ

冬のような寒さ。冬と言えば柚子。柚子と言えば箕面の柚子。-その1-

2010.11.11

 

ここのところ、寒さが続きます。とくに朝晩が冷え込みます。「夏の次は冬やったっけ?」

こんな寒い夜はあたたか~いお風呂にゆっくり浸かりたい。
お風呂といえば、柚子風呂。柚子風呂といえば、「箕面の柚子」!

タイトルから無理やりクドイですが、「箕面の柚子」を拝見してきました。

以前もおじゃましました、「中政園(なかまさえん)」。

大阪の北部、箕面市の更に北部、「止々呂美(とどろみ)」地区にあります。
止々呂美地区は、大阪市内から新御堂筋をまっすぐ北へ突き抜けて、有料トンネルを越えたところにあります。
都市部から意外と近く、身近に自然の風景を楽しめる場所です。

「中政園」のオーナー中上(なかうえ)さんに案内していただきました。

1-ゆず1

今年の柚子は「裏年(うらどし)」の木が多く、更に夏の猛暑が追い打ちをかけて収量は少なくなるそうです。

「ここでもか~・・・。」
和菓子で使う材料の大半は猛暑の影響を受けて「不作」。

写真を見ても、右側の木は左側の木と比べて明らかに実の付きが少ない。今年は右側のような木が多いようです。

2-ゆず2

この木は左側の木です。
だいぶ色づいてきました。大きさはテニスボールくらいです。、これでも通常より少ないそうです。

つづく

Copyright © 御菓子司 津村屋. All Rights Reserved.