メニューボタン
  • 津村屋インスタグラム
  • 津村屋Facebook

津村屋

8:00~20:00(木曜休)

能勢の栗きんとん

大阪能勢(のせ)の新鮮な能勢ぐりを100%使用した栗きんとん。原材料は栗と砂糖だけ。シンプルですが、栗を何度も裏ごししているのでなめらかで濃厚な栗きんとんです。

賞味期限 冷凍 / 21日・冷蔵 / 2日
内容量 30g / 1個
原材料 栗(大阪)、砂糖
保存方法 冷凍 / -15℃以下・冷蔵 / 10℃以下
発送方法 冷凍便
季節商品のため現在は販売していません
とろけて、濃厚。能勢の栗きんとん

この栗きんとん、原材料は、栗と砂糖だけ!とってもシンプルですが、栗を何度も裏ごししているので、なめらかで濃厚。
口の中でとろける、ほんまもんの栗きんとんです。使用している栗は大阪能勢(のせ)の能勢ぐり。
キメが細かく甘味の強い優良な品種のブランド栗です。能勢の朝市で直接買い付けた新鮮な栗を蒸し上げ、渋皮が入らないよう丁寧にくり抜くことで栗そのものの素朴な甘味を引き出しています。
※栗きんとんは、期間限定商品です。(9月中旬~栗がなくなり次第終了。)

栗きんとん 素材へのこだわり大阪の能勢の朝市で買い付けた新鮮な栗を使用。

甘味が強く大粒な能勢の栗の100%

甘味が強く大粒な能勢の栗の100%

大阪、能勢(のせ)地方は日本の栗の品種の中でも3本の指に入る「銀寄(ぎんよせ)」発祥の地で、この地方の栗を「能勢ぐり」と呼んでいます。「銀寄」は、1個の平均の重さが20から25グラムと栗の中でもとても大きく、甘味が強い優良な品種です。栗きんとんの栗は、この「能勢ぐり」を100%使っています。

能勢ぐり「銀寄」の名前の由来

なぜ銀寄(ぎんよせ)って言うの?少しだけ名前の由来をご紹介します。今から約240年前、現在の能勢町の人が、広島から持ち帰った栗の実を植えたところ、これまでにない立派な栗をつける樹ができました。この栗は増殖されどんどんと広まっていきました。天明・寛政年間の大飢饉の時です。この栗を出荷すると多くの銀札(当時のお金)を寄せることができ、地域の農民を救いました。以来、この栗は「銀を寄せる」という意味で「銀寄」と呼ばれるようになったと言われています。

能勢ぐり「銀寄」の名前の由来

栗きんとんができるまで。栗きんとんができるまでの長ーい道のり


  • 栗をくり抜きます。

    程よく蒸し上げた栗を、一つ一つ丁寧にくり抜きます。渋みが出ないよう出来る限り渋皮が入らないよう注意します。


  • 何度も裏ごしをします。

    口どけの良い栗きんとんに仕上げるため、何度も裏ごししてなめらかにします。


  • 裏ごしした栗。

    何度も裏ごしをした栗は、このようにキメ細かくサラサラになります。


  • 栗と砂糖で煉ります。

    裏ごしした栗に、砂糖を加え、熱の伝わり方が柔らかい銅鍋で煉っていきます。


  • 1つ1つしぼる。

    粗熱をとったら、キメの細かい布巾で、1つ1つ丁寧にしぼって成形していきます。


  • 出来上がった栗きんとん。

    これで栗きんとんの出来上がりです。
    ここからまた手作業で1つ1つ個包装していきます。

新聞や雑誌、さまざまなメディアに取り上げて頂いております。

じゃらんに掲載されました!(2011年12月29日)

産経新聞に掲載されました!(2011年10月8日)

赤飯・もち

Copyright © 御菓子司 津村屋. All Rights Reserved.