1. 津村屋ホーム>
  2. 銀寄栗プロジェクト

穴堀り溝堀り♪


今年の栗畑管理、何とかここまでは順調にきていますが、

それは毎年のこと。

これからが正念場。

新芽が吹いてきてから、シカの食欲との戦いと、夏場の渇水対策。

シカ対策として、昨年電柵を二重に張りました。

今のところ、効果がでているようで、新たにシカが侵入した形跡はありません(^_^;)

ただ油断禁物で、電柵に少しの隙間、緩み、たるみがあると、そこから侵入して、根こそぎ苗木を食べてしまうことも過去にありました。

だから毎度栗畑へ行っては、グルリと一周パトロールをしています。

意外とこれが時間かかります(TT)

しばらくはこのまま様子を見ることにします。
もうひとつの課題、夏場の渇水対策。

毎年少しずつ、夏場の渇水対策として、

水捌けの悪いところに溝を堀り、水の通り道を作りながら、水を集めて、大きな桶に貯まるような水路を作ります。

今年で5年目になりますが、だいぶ整備できてきました(^_^;)

あと1ヶ所、どうしてもやっておきたい場所がありまして、先日ようやく完成しました\(^o^)/

この写真では、大きさが分かりにくいと思いますので、途中経過の写真を下に⬇

穴を掘った所に水が貯まるように、桶を埋めます。

この桶で、75リットル入ります。

本当でしたら、200リットルくらい入る桶があればいいのですが、予算の都合と、強度を考えて、これにしました。

適度に雨が降れば、これくらい貯まるのですが、夏場の渇水時にはこうはいかないでしょうね(-_-;)

これでもある程度は役に立ちそうです。
ただ、この水路近辺の草刈りが大変なんです(^_^;)

デコボコしてますので…

とうとう草刈りの季節がやってまいりました…

今年も美味しい栗のため、頑張りますよ~♪

栗畑から春のたよりです\(^o^)/


三寒四温、だんだんと能勢の里山も春の装いへと移り変わってきました\(^o^)/

銀寄栗の苗木も、ほんの1週間で、穂先の芽が膨らんできました\(^o^)/


あとひと息です♪

ちょうどこの季節、能勢の里山は、冬のモノトーンな景色から、色鮮やかな春色の景色へと模様替え♪

中でも一番は何と言ってもサクラでしょ♪


こちらは歌垣小学校横倉垣天神さんのサクラ

他にもしだれ桜もありますよ‼


続いてはコチラ‼

栗畑から程近い、国道477号、兵庫県川西市と大阪府能勢町との県境付近が年々人気のようです♪

景色もいいですが、花より団子‼

という方には、「里山春のめぐみ」がオススメ\(^o^)/


タケノコ


ワラビ(こちらは我が栗畑に自生しているワラビ)毎年、太くて立派なワラビがわんさか生えます‼

ワラビ採りを体験してみたい方はご一報くださいm(__)m(早い者勝ち‼)


続きまして、原木シイタケ‼

栗畑内のクヌギや栗の木からホダ木を作ってまして、今年で4年目。

昨年のホダ木は少し拗ねてますが、その前に作ったホダ木は絶好調♪

今年も立派なシイタケがたくさん出てきました\(^o^)/

タイミングが合えば、お店で配ってますので、僕のフェイスブック、覗いてみてくださいm(__)m

https://www.facebook.com/S.Tsunomura

他にもフキやタラの芽、花山椒、ウド等々。

里山春のめぐみはたくさん‼

近頃、各地の里山付近には道の駅等、農産物の直売所が結構点在してます♪

お花見がてら里山をドライブするのもいいかもしれません\(^o^)/

最新記事
2018.12.13
今頃シイタケ(^_^;)
2018.12.06
冬支度
2018.11.22
開墾予定地の下見
2018.11.08
今年の「びっくりもち」、間もなく終了しますm(__)m
2018.10.25
たまには気分を変えて(^^)
カテゴリー アーカイブ