1. 津村屋ホーム>
  2. 銀寄栗プロジェクト

能勢栗、収穫始まりました\(^o^)/


いよいよ、能勢栗の収穫が始まりました\(^o^)/

今年もあっという間にこの時を迎えてしまいました。

思い返せば、春先からずっとシカや草刈りとの格闘でした(^_^;)

梅雨以降、雨が少なくて、生理落果が増え、毬(イガ)の大きさも例年に比べると、若干小ぶり。

挙げ句の果てには台風にまで振り回されました。

とても心配してましたが、この日を迎えられたこと、

本当に感謝しかございませんm(__)m

まだ、真打ち「銀寄栗」の収穫は未だですが、今年の栗は、一言でいうと、甘いです(^^)v

台風で少しだけ未熟な毬が落ちましたが、

許容範囲内。

さぁ、これから忙しくなりそうです‼

今年の収穫量は何キロになりますことやら(^^)

今年もたっぷり栗入れてますよ~♪

どうぞご利用くださいませm(__)m

本気のシカ、イノシシ対策‼


前回、ちょっと閃いたので、早速やってみました(^^)v

今年の春に電柵の本体を交換しました。

それまで使っていた本体は3年程前に購入したものですが、当時と比べて敷地面積が倍以上に広くなり、テスターで電圧を測ってみたところ、シカに効き目があるほどは電圧が上がらないことが分かりました。
そこで今年の春からは大面積対応の本体に交換しました。

ところが、それでもシカが侵入するので、

この度は、以前使っていた本体を再び投入。

山際の、最もシカ・イノシシが侵入する最前線の範囲をもう一重新たに電柵で囲いました。

つまり、山際の範囲は2重に電柵を張り巡らしました。

メインの電柵は5~7段のワイヤー。

今回新設した外側の部分は3段のワイヤー。

これまでの経験から、シカが最も侵入するのは、下から1段目~3段目の間。

ここを重点に設置。外側のワイヤーはメインの電柵のワイヤーの中間になるようにし、

ポールもメインの電柵のポールの中間に設置しました。

入電時間も、外側は終日。ウチ側は夜間のみ。

これで、シカ・イノシシ共に侵入が難しくなったと思うのですが…

しばらくはこのまま様子を見るつもりですが、侵入の形跡があると、内側・外側共に終日入電に切り替えます。

ひとつ心配は、無理矢理侵入して、外側のワイヤーと内側のワイヤーが接触しないか。

間隔は約30㎝。

お願いやから、無理せんといて(-_-;)

冬場には何とかもう少し、外側の電柵を延ばしたいのですが…

どこまでできるやら(^_^;)

収穫前、最後の草刈りも何とかメドが立ちました。

さぁ、いよいよ収穫の季節‼

今年の出来はどんなかなぁ~♪

最新記事
2018.12.13
今頃シイタケ(^_^;)
2018.12.06
冬支度
2018.11.22
開墾予定地の下見
2018.11.08
今年の「びっくりもち」、間もなく終了しますm(__)m
2018.10.25
たまには気分を変えて(^^)
カテゴリー アーカイブ