1. 津村屋ホーム>
  2. 銀寄栗プロジェクト

若くてピチピチな娘たち♪


銀寄栗の原産地、大阪府能勢町。
後継者不足で、栗栽培の担い手が減り続けています。
原産地である能勢町の銀寄栗を育てることで、里山を守っていこうと始めました
「(勝手に)銀寄プロジェクト」
一昨年、昨年と、二度にわたり、銀寄栗の苗木を植えてきました。

全部で17本。その全てに、お客さまから、思いのこもった名前を頂戴しました。

今年も新たに仲間入りする予定ですが、
その前に、春を待つ若木たちの様子をご紹介しますm(__)m

まずは一昨年、植えました若木から。

image

image

image

image

image

image

image

以上、7本です\(^o^)/
写真を見る限り、皆、順調にスクスクと育ち、春を待っているように見えますが、
「じい」は一度、「豊希」に至っては2度も、シカに梢を根こそぎ噛み切られるというアクシデントがありました。

もうダメかと思われましたが、ご覧のように頑張って梢を伸ばして、春を待っています!!

次は昨年、仲間入りした若木たち♪

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

以上、12本です\(^o^)/
2年めということで、ある程度工夫して植えることができました。
1年めと比べると、概ね順調には育ってますが、
それでも、シカによる被害を受けた「栗丸」、
1年生にもかかわらず、カミキリ虫の被害を受けた「エンジェル」は満身創痍(T^T)

なかなか来ない春を、寒さに耐え忍んで頑張っています!!

全て、皆さまの思いとともに名付けていただきました若木たち!!
出来るだけのケアはさせていただきますm(__)m
早く春がきて、大きく立派に育ってくれますようにm(__)m

そして、今年も苗木を植えます!!
今年は銀寄栗に加えて、クルミ(「豊笑ホウショウ」「清香セイコウ」)の苗木も植えます\(^o^)/

どうか苗木たちに、
皆さまの思いを添えて名前をつけてやっていただけませんか?

今年は当店栗畑内に生えていたクヌギの木でシイタケのホダ木をつくりました♪
名前を採用させていただきました方には、このホダ木をプレゼントさせていただきますm(__)m

 

■ご応募はコチラ→【津村屋】栗の木の名前応募フォーム

・応募期間:3/15(日)~4/30(木)

・結果発表:5月上旬

 

※応募フォーム以外にもご応募頂けます!

(①お名前②電話番号③メールアドレス④栗の木の名前⑤思い入れ⑥ホダ木 要・不要)

・FAX(06-6381-5485)

・メール(info@osakamon.jp)

・店頭

・Facebookコメント欄(電話番号・メールアドレスのご記入は不要です。)

・Facebookメッセージ(角村茂)

 

 

御菓子司 津村屋 角村 茂

〒564-0028大阪府吹田市昭和町14-16

(営業時間8時~20時/木曜定休)

TEL/FAX 06-6381-5484

MAIL info@osakamon.jp

HP http://www.osakamon.jp

 

秘密基地完成~\(^o^)/

カテゴリー:栗栽培

銀寄栗(大阪府能勢町原産)の栽培を始めてから、早くも3年め。
知らず知らずのうちに、何やかんやと、道具も増えました(^_^;)

毎度吹田から持ってくるのも大変で、
かといって、屋根の無いところに置きっぱなしは道具が傷みます。

いよいよ、物置が必要!!

ということで、物置を買いました(^_^;)
何軒かのコーナンを見て回りましたが、なかなか思うようなものが無く…

夏には草刈り機を導入予定で、高さが185センチくらいないと、収納できません。

ネットで検索するも、予算もありますし…
「やっぱりイナバ」さんは手が出ません(^_^;)
ヨドコウさんに決めました\(^o^)/

決め手はガリバリウム鋼鈑で耐久性があるというのと、3枚扉で、出し入れがしやすいこと。

工具は付属しているので、すぐに組み立てることができます。
ただ、組み立て後、倒れないように、固定をしないといけません。

アンカーといって、基礎の部分にコンクリートを流しこんで固定する方法もあるのですが、立派なクヌギの木がありますので、クヌギの木に屋根部分をワイヤーで固定する方法をとりました(^^)

image

同級生の友人に手伝ってもらい、大人二人で約3時間、組み立ては出来ましたが、棚の取り付け、固定が出来ず。

image

後日、棚の取り付け、固定をおこないまして、ようやく完成\(^o^)/

なんでもっと早く作らなかったんだろう?
というくらい便利!!
何でも入ります♪

image

だんだん本格的になってきました(^^)

後継者不足で減少しつつある大阪府能勢町原産の「銀寄栗」。
銀寄栗を育てていくことが、同時に里山を守っていくことにも繋がっていきます。

当店で出来ることは些細なことで、限られています。
ちょっとずつの積み重ねで、
「里山っていいなぁ~」と、多くの方々に感じでもらい、
能勢の里山に活気溢れる日が訪れるよう栗栽培に取り組んでまいりますm(__)m

御菓子司 津村屋 角村 茂

〒564-0028     大阪府吹田市昭和町14-16
     ℡・FAX      06-6381-5485
     E-mail          info@osakamon.jp
     URL              http://www.osakamon.jp

夏の準備完了♪


未だ寒い日もあり、まだまだ油断のならない3月ですが、
夏の準備をm(__)m

今年は「銀寄栗」・「ポロタン(栗の品種)」・「クルミ」・「山椒」を植える予定で、
全部合わせると、
ナント30本にもなります(◎-◎;)

これだけ多くの1年生苗木を植えるわけですので、夏場の水遣りが大変!!

というわけで、今のうちに水の確保。

幸い、栗畑の中にはチョロチョロと水の流れる場所がありまして、これを上手に使わない手はありません。

image

水の通り道に僕の腰辺りまである大きな穴を掘りました(^_^;)

このままだと、そのうち、埋まってしまうので…

image

こんな大きなタルを買いまして、埋めました♪

image

あ、写真を撮るの忘れてました(-_-;)

後日、追加しておきますm(__)m
あぁ~、マヌケだぁ~orz

 

 

御菓子司 津村屋 角村 茂

〒564-0028大阪府吹田市昭和町14-16

(営業時間8時~20時/木曜定休)

TEL/FAX 06-6381-5484

MAIL info@osakamon.jp

HP http://www.osakamon.jp

 

電気柵の移動、延長設置完了\(^o^)/

カテゴリー:銀寄栗

昨年と比べて、ほぼ倍の広さになりました当店の栗畑。
約40アールの広さがあります。
この広さの栗畑を管理するのに大切なのが、シカ対策!

せっかく苗木を植えても、シカ対策をしていなければ、まず育ちません。
新芽はもちろん、梢ごと食べられてしまいます。

また成木でも、幹の皮を食べられて、胴枯れ病の原因にもなります。
栗の木は胴枯れ病に弱く、夏場、急に枯れてしまいます。

全ての木1本ずつ囲いをするのも大変なので、畑全域を電気柵で囲い、シカから守っています。

image

新しい栗畑は隣接しているので、隣接している部分の電柵を外し、新たな栗畑の周囲に付け替え、更に100メートル程、新設しました。
途中、電柵のワイヤーがもみくちゃに絡まり、持ち帰って家族一同、とき解くというトラブルも。

苗木を植えるまでには何としても終えておかなければいけない作業ですが、
何とか間に合いました\(^o^)/

image

これでひとまず、安心!!
ですが、これから暫くはシカが侵入した箇所がないかのチェックが続きますm(__)m

 

 

御菓子司 津村屋 角村 茂

〒564-0028大阪府吹田市昭和町14-16

(営業時間8時~20時/木曜定休)

TEL/FAX 06-6381-5484

MAIL info@osakamon.jp

HP http://www.osakamon.jp

 

最新記事
2018.12.13
今頃シイタケ(^_^;)
2018.12.06
冬支度
2018.11.22
開墾予定地の下見
2018.11.08
今年の「びっくりもち」、間もなく終了しますm(__)m
2018.10.25
たまには気分を変えて(^^)
カテゴリー アーカイブ