1. 津村屋ホーム>
  2. 銀寄栗プロジェクト

いざ、「7本のサムライ」!?

カテゴリー:番外編

2013年3月3日の栗畑
和菓子屋としてはそこそこ忙しいひな祭りの日に、「銀寄」栗の苗を植えてきました!

「わざわざこんな日に苗植えんでも・・・・。」

「今日しか空いてないんです(^_^;)」

・・・・見事にバチが当たったかのような寒空。

七つの子

この日、新たに「7人の侍」ならぬ、「7本の寒苗(サムナエ)」が栗畑に仲間入り!!

今は寒々とした「ゴボウ」みたいな苗ですが、1000年先には「野間の大ケヤキ」をも凌ぐ、

大木になっていることでしょう!!

と、夢を膨らませながら、植えてまいりました\(^o^)/

 

この日のために昨年から大きな穴を掘って準備してきたんです!

一度植えると、動かせないので、木の根元になる部分にしっかりと木の葉や、小枝などの有機物を

敷いてやると良いのだそうです。(掘るのも大変でしたが、埋め戻すのも更に大変(^_^;))

 

寒かったはずの栗畑でしたが、気が付くと、雪は解け、汗ばむほどに。

いつものことですが、山での作業は体温調節が難しい。

作業して汗をかくと、気温が低いので急激に体温を奪われて、どうしようもないくらい寒くなります。

だから、なるべく汗をかかない程度に、服を脱いだり、着たりの繰り返しで調節します。

no.1

栗畑が、南から西へと「エル(L)」の字になっています。

アナログ時計の、5:45みたいな感じです。(余計わかり辛いかな)

で、上の写真が一番南の奥で、一番高いところに植えた苗です。

この写真では分かり辛いですが、この穴自体、かなりの傾斜角です。

しばらくは雨が降るたび、心配です。

no.2

この苗の場所は「土の色がエエわ。」と、先生が仰ってました。

no.3

ここの穴を掘るのは苦労しました。この場所は陽当たりが万全なのですが、大きな石が出てきて・・・。

おそらく50キロくらいはあったかと思います。ひとりだったもので、とにかく大変でした(^_^;)

no.4

ここも大きな石で大変でした。

陽当たりは抜群です!

no.5

ここからは細い部分で陽当たりの悪いところでした。

匠の指導のもと、境目の木をバッサリ散髪してやりました!

すると、どうでしょう!!

陽当たり抜群で、見晴らしも最高です♪

no.6

ここは一段高くなっているので、陽当たり良好。土もエエ感じで、

底にいっぱい炭が入ってます。

no.7

一番最初に掘った穴で、一番大きな穴です。

埋め戻すのにも一番時間が掛かりました(^_^;)

先生はこの穴を見てひと言、

「ここまで大きくなくてもエエよ♪」

 

 

何とか、7本植えました!!

ちゃんと根付くか、まだまだ心配ですが、

この7本の木の名前を現在募集中です!!

我こそは!と思われる方、「名前」と、「思い入れ」や「エピソード」も添えてお知らせください。

 

メール:info@osakamon.jp

FAX:06-6381-5485

津村屋フェイスブックページ

”角村 茂”フェイスブック

 

など、でお知らせください。

採用させていただきました方には、3年後以降にはなると思いますが、名付けていただいた木の初めて付ける実を差し上げます。

最新記事
2018.12.13
今頃シイタケ(^_^;)
2018.12.06
冬支度
2018.11.22
開墾予定地の下見
2018.11.08
今年の「びっくりもち」、間もなく終了しますm(__)m
2018.10.25
たまには気分を変えて(^^)
カテゴリー アーカイブ