メニューボタン
  • 津村屋インスタグラム
  • 津村屋Facebook

津村屋

8:00~20:00(木曜休)

読みもの

栗栽培ブログ

『コオニユリ』と『オニユリ』

2020.07.29

ホント、今年の梅雨は長いですね〜(-_-)

そろそろ明けるそうなので、もう少しの辛抱。

それでも晴れ間を見つけては草刈りに励んでます。

今シーズン初めてのカブトムシ!

やっぱり力強いなぁ♪

そう言えば、今年は、まだ夏の虫をあまり見ていませんね…梅雨明けから楽しみです(^^)

 

春頃からユリっぽい葉っぱは刈らずにいました。

ついに花が咲きましたよ♪

派手な色のユリでしょ(^^)

 

少し離れたところにも(^^)

何ていう名前かなとグーグル先生に聞いてみると、

『オニユリ』。

…、で間違いなさそう、

…、ん?似たような品種で『コオニユリ』ていうのもあるのか?

違いを更に調べてみると…、

『オニユリ』にはムカゴ(脇芽)があって、『コオニユリ』にはムカゴが無く、種で増えるとのこと。

最初の花にはムカゴが無い。

2枚目の花にはムカゴが有る…。

2つの花はめちゃくちゃ似ているけど、違う花のようで、コオニユリの方が、種から花を咲かせるまで6年もかかるとのこと。

オニユリはムカゴから3年程で花を咲かせる。

どちらの根も食用になるそうなので、もう少し増えてからいただきます(^^)v

シカを締め出せるようになってから、いろいろな花を見かけるようになりました。

今年の銀寄栗は今のところ、順調です。

あとは真夏の日差しを待つのみ‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 御菓子司 津村屋. All Rights Reserved.