1. 津村屋ホーム>
  2. 銀寄栗プロジェクト

シカの馬鹿!!


苗木の植え付けから二日後、様子を見に行ったところ、
…(T_T)

まだ新芽も出ないうちに、シカがかじりよりましたorz

以前から、シカに入られている形跡がありましたが、まさか芽も出てない苗木をかじろうとは…

image

シカも2本もかじるとは(-_-;)
日当たりの良く、土質も良い場所に植えた苗木です。
恐るべし、野性の目利き(◎-◎;)

応急措置として、木工用ボンドを塗っときましたが。
はたして、芽が出るのやら…

これ以上、被害を出さないために、電柵の見直し!!
これまでは4本線を張ってましたが、5本線に張り替え( ̄^ ̄)

image

これで、どや!!
スキがあったらかかって来んか~い( ̄ー ̄)

しば

らくこれで様子を

見ますm(__)m

大阪・吹田の和菓子屋「津村屋」

苗木の植え付け


昨年の秋から、苗木の植え付け準備をコツコツと進めてきました。
大きな穴を掘って、枯れ葉や堆肥を土と混ぜ、しばらく放置。

ようやく、苗木の植え付け準備が整いました\(^o^)/
image

image

栗は単一品種だと、結実し難いので、受粉樹に「筑波」と「ポロタン」という品種の苗木も植えました。

「銀寄」は10本。
収穫できるまでにはまだあと5年ほどかかりますので、気長に暖かく見守ってやります(^^)
image

大阪・吹田の和菓子屋「津村屋」

苗木植え付けの準備


今季から、当店が管理する栗畑が、さらに広くなりました\(^o^)/

「能勢町発祥の銀寄栗を絶やしたくない!」
「もっと多くの方々に銀寄栗の美味しさを知ってもらいたい!」

ただこの思いだけで、始めた栗栽培ですが、共感してくださいました地主の皆さまや能勢町の皆さまのおかげで、これまで順調に進んできましたm(__)m

今季新たに10本の銀寄栗の苗木を植える予定です。
また、栗の木は単一品種だけだと、結実し難い性質をもっています。
そこで「筑波」と「ポロタン」といった違う品種の栗も3本植えます。

まずは植える場所づくり。
草刈りから(^_^;)
次に、枯れ木が多かったので、チェーンソーを使い枯れ木を切り倒します。

image

image

image

ようやくスッキリしたところで、苗木を植える場所に穴を掘ります。

image

image

苗木を植えるにあたって、栗の木は根を深く張りますので、まず、直径1メートルくらいの大きな穴を掘り、そこに葉っぱや堆肥などの有機物を土と混ぜて、苗木が根を張りやすいように準備します。

上の写真は苗木植え付け用に掘った穴で枯れ木を燃やしているところです。残った灰や炭も土と一緒に混ぜ込みました。

ここまで週に1~2回の作業で約3ヶ月かかりました。

image

大阪・吹田の和菓子屋「津村屋」店主

最新記事
2018.12.13
今頃シイタケ(^_^;)
2018.12.06
冬支度
2018.11.22
開墾予定地の下見
2018.11.08
今年の「びっくりもち」、間もなく終了しますm(__)m
2018.10.25
たまには気分を変えて(^^)
カテゴリー アーカイブ