1. 津村屋ホーム>
  2. 銀寄栗プロジェクト

開墾予定地の下見

カテゴリー:銀寄栗

さて、どうしたものかと、モヤモヤ続きのここ最近。

ここまで来たら、ヤルしかない!!

とは思うのですが、なかなかそう簡単にはいかないようで…

借入方法からつまずいてます(TT)

ただ設備を入れるだけなら、これまでと同じ方法で借入れすれば良いのですが、

今回は違います。

ウチにしては巨額の先行投資になるわけで、

実を結ぶのが、うまくいっても7年後くらいから…

しかも緩やかにしか回収ができないと思います(TT)

と、なると、数年間支払い猶予のある、農林事業専門の金融機関から、借入れたいのが本音です。

ただ、そうするには、個人事業主では資格を満たせない部分があり、とても時間がかかるとのこと…

そうこうするうちに、もう12月が見えてきました(TT)

早く資料を整理して、決断したいと思いますm(__)m

イメージを固めるために、開墾予定地に入ってきました(^_^;)

これまでは、入ろうにも鬱蒼として、躊躇していましたが、そうも言ってられません!!

自分が開墾しようとしている 場所が、どんな地形なのか…

ご覧の通り、ヒノキだらけです(TT)

やはり急峻なところもあるので、そこをどう使うかが、カギになりそうです…

更に奥へと向かうと、先日の台風の影響か、それともそれ以前からなのか?

崩れてしまっている箇所も…

始めは一人でコツコツ切り開こうと思っていたのですが、こういう状態を目の当たりにすると、ある程度は一気に切り開いた方が良いのかなと思いました。

いよいよ銀杏の葉も落ちました。

さぁ、ペースアップします‼️

今年の「びっくりもち」、間もなく終了しますm(__)m

カテゴリー:銀寄栗

一週、栗畑での作業はお休みいただきまして、

先ずは園内のパトロール。

やっぱりか…

油断も隙もない(-_-;)

おそらく、シカの仕業

先日、パイル(ピンクのポール)の予備を買っといて良かった…

早速交換。

やっぱり間空けると、野生は容赦無く襲ってきます(◎-◎;)

今、実は迷ってます…

このまま、あまりお金をかけず、今の規模を保っていくのか、

それとも、もっと規模を拡大して、本格的に栗を増やすのか…

正直なところ、これまでも、ウチにとってはかなり大規模な投資をしています(^_^;)

おそらく、これからうまくいっても、回収は不可能でしょう…

今夏の干ばつや台風の影響で、能勢町内の栗(銀寄栗)は、相当なダメージを負いました。

ここ10年で見ても、能勢町全体で、栗の収穫量は減少の一途。

今、ここで何もしなければ、栗の減少が更に加速することでしょう…

そうすると、20年先には、能勢町の栗は幻(マボロシ)となってしまいます。

和菓子屋として、300年以上の歴史がある能勢町の栗を、ここで途絶えさせるわけにはいきません!!

天災や害獣にやられたら、倍返しで植えていかないと…

隣接する杉林を開墾してでも、栗の苗木を植えるべきか、否か…

杉林を開墾するにはこれまでの3倍以上に経費がかかります。

当店のような小さな町の和菓子屋が、そこまでのリスクを負ってまですることなのか…

でも、誰かが始めないことには…

勿論、気持ちの上では、ヤル気満々なんですが(^_^;)

借り入れする勇気、どっかに落ちてないかなぁ~…

という具合に、ここ最近はモヤモヤ続きですが、

当店自慢の【びっくりもち】

今期分の販売は、間もなく終了致しますm(__)m

ご利用はお早めにどうぞm(__)m

借り入れする勇気、見掛けられた方、ご存知の方、お知らせくださいm(__)m

最新記事
2018.12.13
今頃シイタケ(^_^;)
2018.12.06
冬支度
2018.11.22
開墾予定地の下見
2018.11.08
今年の「びっくりもち」、間もなく終了しますm(__)m
2018.10.25
たまには気分を変えて(^^)
カテゴリー アーカイブ