1. 津村屋ホーム>
  2. 銀寄栗プロジェクト

収穫まつり、始まりました~\(^o^)/

カテゴリー:銀寄栗

いよいよ、大阪・能勢町では能勢栗の収穫が始まりました~\(^o^)/

今年で6年目になりますが、今までで、一番厳しい1年でした…

夏場の渇水に始まり、2度の台風で、これまで最低だった昨年より、更に3割~5割ほど少ないと思われます(TT)

ただ、夏場の日照りのおかげで、あま~い栗に育ちましたよ\(^o^)/

ホントでしたら、イガの中に3つなっているのが、良いとされていますが、今年は残念なことに上の写真のように2つ成っているのが良い方。

一粒だけなんてのも数多くあります。

こちらは早生の代表品種「丹沢」。

最初はやっぱり栗きんとんから♪

早速皮剥き。

一晩水に浸けて、

蒸す!!

ホクホクじゃ~♪

そして裏ごし。

もちろん手作業。

あまり連続して裏ごしすると、手首が腱鞘炎になっちゃいます(^_^;)

すこ~し、砂糖を加えて焚き上げると、栗きんとんの生地が完成(^^)v

冷まして、茶巾しぼり。

この栗きんとん、季節によって味が変わります!

写真の色でもわかるかもしれませんが、出始めの今はあっさりさっぱりとした味(もちろん能勢栗100%!!)。

これから銀寄栗の収穫が始まるにつれ、だんだんと濃厚な味に♪

能勢栗、季節のうつろいを、是非食べて感じてみてください(^^)

さ、そしてこちらは稔りの秋番外編。

栗畑内で採れた茗荷(ミョウガ)。

昨年の春に植えたところ、栗より順調かも(^_^;)

来年にはお裾分けできるかもしれません♪

お楽しみに~\(^o^)/

やっぱり台風って恐い(◎-◎;)

カテゴリー:銀寄栗

先日、20号・21号と、2つの台風が直撃した関西地方。

幸いにも大阪ではこれまで、台風が来るといっても、大した被害も無かったので、

今回も 、

「大したことないだろう…」

と、油断していました。

ところが、今回2つの台風はえげつなかった…

吹田辺りでは、21号の猛威がとてつもなく感じましたが、銀寄栗の故郷、能勢町では、20号が被害をもたらしました(TT)

上の写真、10メートルはあろうかというネムノキの巨木です。

管理している圃場のすぐ上に生えていましたが、台風の突風で、隣のクヌギを巻き込みながら、圃場内の栗の木に覆い被さるように倒れました…

もちろん、栗の木はご覧のように根元付近から真っ二つ…

為す術ナシ(TT)

そりゃ、数トンはあろうかという巨木が、上から倒れてきたんですもん…

耐えられるはずもなく…

もちろん、電気柵も下敷きになったので、ご覧の通り、グニャグニャなったり、ポッキリいっちゃいました(TT)

とはいっても、放っておくわけにもいきませんので、この日は朝から、台風の後片付け!

先ずは電気柵周辺から。

電気柵にかかった大木を、持てる大きさになるまでチェーンソーで切断。

その後、電気柵のパイル交換、ワイヤー調整(これが面倒で時間かかる)。

こんなもんでしょ♪

電気柵の補修が終われば、あとはひたすら巨大ネムノキの解体作業!!

細かな枝は鉈鎌(ナタガマ)で、太い枝と幹はチェーンソーで。

とにかく巨大ネムノキは枝が多い(TT)

結局ほぼ1日仕事になっちゃいました( ̄▽ ̄;)

帰り際、ふと見上げると、

【パッカ~ン】

てなってるやん(≧∇≦)

急いで収穫前の草刈りせなアカンやん!!

というバタバタ加減でして(^_^;)

これまでたくさんの方々に支えていただきまして、ようやくここまでたどり着きましたm(__)m

いよいよ始まりました!!

栗の大収穫まつりや~(≧∇≦)

最新記事
2018.12.13
今頃シイタケ(^_^;)
2018.12.06
冬支度
2018.11.22
開墾予定地の下見
2018.11.08
今年の「びっくりもち」、間もなく終了しますm(__)m
2018.10.25
たまには気分を変えて(^^)
カテゴリー アーカイブ