1. 津村屋ホーム>
  2. 銀寄栗プロジェクト

さぁ、来年の収穫へ向けて準備!!


まだ収穫後、間もない栗畑ですが、来年の収穫へ向けて準備を始めました\(^o^)/

image

無事収穫が終わり、感謝の気持ちを込めて、剥いた栗皮を発酵させて作った堆肥を施しました。
来年も立派な銀寄栗、たくさんできますようにm(__)m

image

今年の春、急遽管理する畑が広くなりました。
とりあえず電柵で囲っただけで、枯れ木はそのままでした。

来年に向けて、新たな苗木を植えるための準備として、先ずは枯れ木の除去。

この場所は電柵をする前、シカが入り放題だったところ。
冬の間、シカが栗の幹の皮を食べて、胴枯れ病になり枯れてしまったのでしょう。
たくさんの木が枯れています(^_^;)

新たに植えると、枯れた木が倒れたり陰を作ったりで、苗木の成長に障害となりますので、枯れ木を除去しました。

昔でしたら、ノコギリで一本一本切っていたのでしょうが、今の時代はチェーンソーという優れものがあります。

エンジンのちからで切るので、ノコギリを使うより遥かに楽チン(^^)
でもよく切れる分、危険を伴います。

image

image

台風で折れてしまった木もあったので、
全部で10本くらいでしょうか、二時間ほどで、ご覧の通り。
大きな木を斬り倒し、さらに1メートル程度の長さに切ります。

この短く切った木は、害虫がいることもあるので、冬の間に燃やしてしまいます。

image

とりあえず、新たに植える場所が整いました(^^)
これから、さらに苗木を植えるための大きな穴を掘ります。
なんやかんやで、一年中、作業が絶えない栗畑です。

また来年、新しい一年生が栗畑の仲間入りできるよう、頑張って大きな穴掘りますΨ( ̄∇ ̄)Ψ

 

御菓子司 津村屋 角村 茂

〒564-0028 大阪府吹田市昭和町14-16

(営業時間8時~20時/木曜定休)

TEL/FAX  06-6381-5485

MAIL   info@osakamon.jp

HP  http://www.osakamon.jp

 

能勢栗100%栗きんとん

カテゴリー:能勢栗 , 銀寄栗

image

能勢町産銀寄栗の収穫も無事終了し、
一段落。

とはなかなかいきません(^_^;)
能勢栗の美味しさをいち早くお届けするために、日々栗の加工に追われております。
今日は「能勢の栗きんとん」について少しご紹介します。

image

まず、基本はやっぱり皮剥き。
皮剥きをされたことのある方でしたらご存じでしょうが、
とても根気のいる作業です。

image

一晩、水に浸して灰汁抜きをした後、
蒸します。
この火加減が、大切。
あまり詳しくはこちらでお伝えできません。
当店が経験に基づいて独自に見出だした方法です。能勢栗の美味しさを最大限引き出しています。

image

程よく蒸した栗を、当店では細かく裏ごしします。
能勢栗の美味しさは「甘さ」・「香り」・「きめ細かさ」。
とくに「きめ細かさ」は大きな特長です。
この「きめ細かさ」を際立たせるためには裏ごし作業が欠かせない工程。
大量の栗を全て手作業で裏ごししますので、腕、指がパンパンに(^_^;)

image

素材の良さを引き出すための「ひと手間」。
この「ひと手間」を大切にしていますm(__)m

御菓子司 津村屋 角村 茂

〒564-0028     大阪府吹田市昭和町14-16
     ℡・FAX      06-6381-5485
     E-mail          info@osakamon.jp
     URL              http://www.osakamon.jp

最新記事
2018.12.13
今頃シイタケ(^_^;)
2018.12.06
冬支度
2018.11.22
開墾予定地の下見
2018.11.08
今年の「びっくりもち」、間もなく終了しますm(__)m
2018.10.25
たまには気分を変えて(^^)
カテゴリー アーカイブ