1. 津村屋ホーム>
  2. 銀寄栗プロジェクト

栗栽培講習会へ行って来ました\(^o^)/


image

大阪府のてっぺんにあります能勢町。
古くから、栗(特に能勢町原産の銀寄栗)の栽培が盛んに行われてきました。

ところが、近年人口の流出から、後継者不足が深刻で、能勢町では、原産の「銀寄栗」を守るべく、栗栽培講習会を開催し、後継者の育成をしています。

image

能勢町長も出席するほど、銀寄栗を守るため、役場の方々は懸命に取り組んでいらっしゃいます!!

写真を見てもわかりますが、講習会に来られている方々はほぼ全員、年金生活者です(^_^;)
今年シジュウになった僕が最年少(-_-;)

傾斜地での作業は大変ですが、栗は他の果樹に比べると、管理もしやすい方だと思うのですが…。

「銀寄栗」は江戸時代に大飢饉を救ったほど、価値を秘めた作物。
若い方、栗栽培一緒にいかがですか~\(^o^)/

僕も一昨年から、この講習会で勉強させていただいてますが、大変分かりやすい説明で、僕のような素人の質問にも、丁寧に答えてくださいます(^^)

今季からは、能勢町と、豊能町、箕面市も加わった合同の講習会になりました。

区域が広がると、意見や質問の数も増えて、より多くの情報交換ができます。

例えば、今回西能勢地区では「クスサン」という栗の葉っぱを食べる害虫が、今年は多いとのこと。
ところが、東能勢地区や豊能町、箕面ではそれほどでもないそうです。

ただ、「あ~、ウチは西能勢地区ではないから、安心~♪」
と思わずに、他の地区でも注意深く警戒していくことで、全体として被害を減らすことができます。

次回も楽しみです(^^)

image

苗木がしっかりと大きく育つように、
講習会で勉強したこと活かして頑張ります!!

御菓子司 津村屋 角村 茂

〒564-0028     大阪府吹田市昭和町14-16
     ℡・FAX      06-6381-5485
     E-mail          info@osakamon.jp
     URL              http://www.osakamon.jp

みんなで雨乞い!!


もう、梅雨も明けて暑い日が続きます。

今年、関西地方の梅雨は「カラツユ」でしたね。
前回の大型台風が来たときも、大阪北部はさほど雨も降らずに、ムシムシ~、ムシムシ~と暑いだけ。

栗畑へ行っても、土が渇ききってる様子。
このままでは、苗木が干からびてしまう~(-_-;)

image

水不足だと、上の写真みたいに、
葉っぱが丸く反ってしまいます。

ふと葉っぱを観察していると、

image

アッツイ中、アマガエル君が必死の雨乞い中。

こりゃ、アマガエル君の切なる思いに報いてやらなくては( ̄^ ̄)

て、ことで、ただひたすら苗木の水遣りばかり。

雨、降らないかな~。

image

この日はチビッ子応援団を連れてひたすら水遣り。

雨が少ない年はスズメバチが多いそうな(◎-◎;)
栗畑へ出ると、スズメバチがからかいにくるから、チビッ子たちは沢で待機。

嫁さんがせっせと頑張ってくれてるうちに、苗木の害虫チェック( ̄^ ̄)
最近ではシャクトリムシの擬態にも騙されません(^^)v
苗木のウチは、葉っぱ1枚あたりに受けるダメージも大きいので、慎重にチェックします!

image

昨年二度もシカに食べられた豊希。
懸命に葉っぱを広げて頑張ってます(^^)

image

クルミの苗木もチェック( ̄^ ̄)

image

今日になってようやく雨が降りました\(^o^)/
根っこをしっかり広げて、立派な栗の実をたくさんつけてくれますようにm(__)m

御菓子司 津村屋 角村 茂

〒564-0028     大阪府吹田市昭和町14-16
     ℡・FAX      06-6381-5485
     E-mail          info@osakamon.jp
     URL              http://www.osakamon.jp

最新記事
2018.12.13
今頃シイタケ(^_^;)
2018.12.06
冬支度
2018.11.22
開墾予定地の下見
2018.11.08
今年の「びっくりもち」、間もなく終了しますm(__)m
2018.10.25
たまには気分を変えて(^^)
カテゴリー アーカイブ