1. 津村屋ホーム>
  2. 銀寄栗プロジェクト

夏場の渇水対策はじめました。

カテゴリー:銀寄栗

ここ数年、異常気象といいますか、極端な天気が続いてます。

雨の降らない日が何日も続いたかと思うと、急に数十年に一度の大雨が降ったり…

適度に雨が降ったり降らなかったりしてくれない。

特に5月中旬の今頃や、梅雨明け後の夏場などは、極端な日照り続き。

せっかく植えた苗木もなかなか夏が越せない…

ここ数年、同じ繰り返しなので、

今年こそはと、渇水対策に本腰を入れてみます。

栗畑に全く水が無いわけではなく、所によっては、水捌けが悪く、水溜まりの出来やすい場所もあります。

これを何とかうまく利用すべく、今年はユンボの登場!!

法面のすぐ下は、特に水が溜まりやすい。

ここに水を貯めようと、ユンボで掘り掘り♪

思ってた通り、掘ってるうちから水がじわじわと染み出てきました。

数日後、雨が降ったので、見てみると、

ジャーン!!

だいたい1トンくらいは貯まったようです。

でもこれくらいではまだまだ足りません(^_^;)

第2弾はコチラ!!

栗畑の上にある水溜まりから、直接水を引いてみることに。

見た感じでは2トンくらいは貯まってるようです。

取水口を手作り。

ホースが細いので、小石や泥が入ると、詰まってしまいそうなので、ペットボトルにたくさん小さな孔を開けて、中には熱帯魚用フィルターの綿を詰めました。

更に泥が入り難いよう、できるだけ上澄みの水を使いたいので、もう1本のペットボトルをウキ代わりにし、安定させるために、石のオモリも括りつけ、完成\(^o^)/

さぁ、これを担いで上の水溜まりへ。

エエ感じや~♪

我ながら、天才ちゃうかΨ( ̄∇ ̄)Ψ

ホースを下まで伸ばし、ボールバルブ(蛇口)をつけて、おもいっきり吸ってみたところ、

おぉ~(≧∇≦)

無事通水♪

一先ず、しばらくの水は確保できましたm(__)m

後は簡易的な灌漑設備をどうするか…

灌漑設備とは、人間でいうところの「点滴」のようなイメージです。

少ない水で、いかに有効的に栗の根に吸水させるか…

一般的に農家さんで使う灌漑設備は、ベラボウに高価なんです(^_^;)

1反(1000㎡)で数十万円以上もかかっちゃいまして、これをできれば、3反で、5万円以内に抑えられればと甘く考えております(^_^;)

さて、どうなることでしょ…

まずは、先に上の片付けと、スズメバチホイホイの設置が急務ですm(__)m

最新記事
2019.07.11
能勢町の里山は、花に虫に大にぎわい中♪
2019.06.27
今年限り!?スズメバチホイホイ
2019.06.13
渇水対策その2
2019.05.16
夏場の渇水対策はじめました。
2019.05.09
長野県伊那市で山のお勉強♪
カテゴリー アーカイブ