1. 津村屋ホーム>
  2. 銀寄栗プロジェクト

今年もシイタケのホダ木作りました\(^o^)/


ちょうど1年前、
大きくなり過ぎた栗の木を若返らせるために、カットバックをおこないました。

カットバックというのは、近年果樹栽培で主流の「低樹高栽培」を進めていくのにも大切な作業です。

大きくなり過ぎた栗の木は管理をするのが難しいのです。
大粒の実を付けるための剪定作業や、害虫駆除をするのも困難。

そこで、だいたい「高枝切りハサミ」が届く4メートルくらいまでの高さに抑えて管理するのが「低樹高栽培」。

昨年、新しい栗畑の管理を始めた際、全てカットバックをおこないました。

でも、伐ったはいいのですが、
栗の木を処理するのが大変で、困っていたところ、栗栽培の師匠から

「シイタケ植えたらええねん!」

とのアドバイスをいただきまして、
早速、シイタケのコマと、ドリルの先を購入。

早くも昨年12月には直径25センチはあろうかという「オバケシイタケ」を収穫することができました。

image

その美味しさに、すっかり虜となり、
もっと食べたくて、今年もシイタケ植えました\(^o^)/

image

今年からまた新たに栗畑が広くなりまして(^_^;)
そこの敷地内に一部クヌギが約20本ほど生えてます。
ここの地主でもある師匠から、
「全部伐ってもエエよ~♪」
とのお言葉を。

さすがに1年で全部伐るのも勿体ないので、今年はとりあえず、5本ほど伐って、師匠と半分コ。
中にはこんな太い木も(◎-◎;)

image

とにかく重くて…
伐るのも、運ぶのにも苦労しました(^_^;)

ただ、後で聴いた話ですが、

「太いホダ木は長持ちするけど、なかなかシイタケが生えてこない」

そうなんや(-_-;)

たくさん収穫できましたら、プレゼントに使おうかと思っていますm(__)m

今年もやります!!!!!!

銀寄栗名付け親募集~\(^o^)/

今年は銀寄栗を新たに5本、植えます!!
そして更に今年は「くるみ」を10本!!

何かの記念として、
何かの想い出として、
また決意表明として!!

などなど。

あなたの思い入れと一緒に、この苗木たちに名前をつけていただけませんか\(^o^)/

大切に育てさせていただきますm(__)m

メールでもFAXでも直接でも、
何でも結構ですので、
あなたの思いつく素敵な名前、
是非お知らせください!!

どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

 

 

御菓子司 津村屋 角村 茂

〒564-0028 大阪府吹田市昭和町14-16

(営業時間8時~20時/木曜定休)

TEL/FAX  06-6381-5485

MAIL   info@osakamon.jp

HP  http://www.osakamon.jp

最新記事
2019.03.21
おかげさまでなんとか植え付け完了。
2019.03.14
春もそこまで♪
2019.03.07
半分完了~\(^o^)/
2019.02.28
木の駅に出材。
2019.02.07
とにもかくにも時間との勝負!!
カテゴリー アーカイブ