1. 津村屋ホーム>
  2. 店主ブログ

柚子の里へ行ってきました!-その2-


先日の続きです。

続いて、中上さんの農園(中政園)へ伺いました。
立派なコテージのような建物があり、BBQ(バーベキュー)や宿泊もできるそうです。(写真撮るの忘れてました)

BBQでは自家製のしいたけをその場で摘み取り、その場で焼いて、
その場で食べるという贅沢を味わえるんだとか。

1-しいたけ原木

時期が合えば、焼いた椎茸に柚子を絞って、ビール!
最高です!

中上さんの農園にも柚子の木がたくさんあります。
今はまだピンポン球くらいの大きさでして、11月の下旬ごろに収穫されるものが一番、香りも良くて水分も豊富でおいしいそうです。

楽しみです。

柚子の里へ行ってきました!


昨日の続きです。

中上さんは箕面市止々呂美の柚子生産者協議会メンバーで、
観光農園を経営されています。

とても気さくな方でいろいろなお話を伺うことができました。
近隣農家の高齢化、害獣被害の増加、もちろんゆずについてなど。

箕面の柚子は止々呂美地区がおもな産地です。
数十世帯があるそうで、たいがいのお宅に柚子の木があるとのこと。
でも、数十世帯ですから箕面の柚子が貴重であることは間違いありません。

今回はまず、「長老」?の畑を案内していただきました。
急斜面なのに草が刈られていて、大変な労力だろうと想像できます。

今年は「裏年」の木が多いそうです。
*「裏年」とは、だいたい柚子は隔年で収穫の多い年がくるのですが、
収穫の多い年を「表年」、少ない年を「裏年」と呼ぶのが一般的で、柿はその典型です。

この畑の木はだいたい、3~4メートルの高さで、剪定するために、
この急斜面上へはしごを掛けて70歳の長老が行うそうです。
想像するだけで、高いところが苦手な自分はゾッとしました。

突然「キュイッ!キュイっ!」と甲高い声が。
「鹿の鳴き声ですわ、警戒して鳴きよるんです。」
もう、すぐ近くから聞こえます。畑は周囲をフェンスで囲っているのですが、 フェンスのすぐ外にいるらしい。

急斜面に、高枝切りに、害獣対策。本当に大変な労力のタマモノです。

やっぱり山が好き!

カテゴリー:未分類

夏休みに入り、家族で「山へ行こうか」・「海へ行こうか」の相談をされている方も多いのでは。

自分は魚釣りで海へ行くのが好きで(約1年行けてませんが)、山よりも海派です。
・・・でも、最近のこの陽気、街中でこれですから、日陰の無い海へ行くことを思うだけで・・・・、グッタリです。

清水養鶏場さんのところへ行ってきました。
「ス・ズ・シ・イ」
これほどの暑さですから「ちょっとぐらい山へ入ったくらいで、どこも一緒じゃい!」と思っていました。

清水さんのご家族みなさんが口をそろえて仰います。
「暑い~。」
吹田より涼しいですから~。

街中がこんなに暑くても山は涼しい。
さらにニワトリ君たちは山の地下水を汲み上げて噴霧機のシャワーを浴びているそうです。さぞや涼しいことでしょう、うらめしや~。

やっぱり山のほうがいいかも。

能勢はいいとこ一度はおいで。


 

おかげさまで、足の状態もよく、ようやくあちこち動き回れるようになってきました。

今朝、久しぶりに能勢へ行ってきました。
昨晩の雨のおかげですがすがしい天気です。
彦根のフクハラファームさんから写真をいただいて、是非とも
実物の田園風景を自分の目で見たくなりまして。

untitled

早いところはもう稲穂がかおを出していました。
やっぱり実物は、より一層美しいです。
ひと月もすれば一面黄金色に染まっていると思うとワクワクします。

もちろん、こちらがメインで能勢まで行ったのです。
「栗」。
この暑さ続きでずっと気になっていたのですが、
こちらも順調そうです。

untitled

実の生(な)りが少ない木もあるようですが、今のところ去年よりは順調。

能勢ぐり

まだまだ小粒。これからの天候が順調でありますように。
秋が楽しみです。

それにしても気持ちのいい気温でした。朝がオススメです。

今さら「○○い~!!」とは言いませんが…

カテゴリー:食の安全安心

 

「ぼちぼちいきますよ。」と言ってから、もう半月が経ちました。

日々あの言葉ばかりがつい出てしまいます。
文字で見るだけでも辛くなりますので、あえて書きません。

自分に「夏はこんなもん!」と言い聞かせると、「こんな夏は無かったやろ?」と、素直になれないもうひとりの自分が言う始末。

でも、こんなにも辛い太陽のもと、農家の方々はおいしいお米を作るためにがんばっておられます。恐れ入ります。
「羽二重糯米(はぶたえもちごめ)」の今の様子をすばらしい写真で送っていただきました。

1-これぞ日本の田んぼ

この写真を見て、「日本人でよかった!」と思いました。
青い空に稲のみどりが鮮やかで、まさに美しいの一言です。

こんな天気が続いてますが、今年の生育は今のところ順調だそうです。
「頑張れ!稲!負けるな!稲!」
秋が楽しみです。 .

最新記事
2019.08.02
2019年・8月のイベント出展情報
2019.07.18
贅沢なレーズン、いかがでしょ?
2019.07.04
もうすぐ再開、名水百選【離宮の水】
2019.07.01
2019年・7月のイベント出展情報
2019.06.20
今年もSSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)
カテゴリー アーカイブ