1. 津村屋ホーム>
  2. 店主ブログ

あけましておめでとうございます\(^o^)/


大変遅くなりましたが、

あけましておめでとうございます\(^o^)/

旧年中はお世話になりました‼

ありがとうございますm(__)m

本年も引き続き、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

早速手前味噌ですが、1月22日(月)、毎日放送「ちちんぷいぷい」内で当店をご紹介していただきました‼

よしもと新喜劇、酒井藍ちゃんのコーナー

「お手伝いしよッ‼」

で、酒井藍ちゃんが1日まるごと密着で、お手伝いしてくださいました

\(^o^)/

10年程前、東京から家族5人、家業を継ぐべく大阪に戻ってきました(^_^;)

和菓子業界は今も当時も斜陽産業…
お得意様も高齢化が進み、急速な右肩下がりの売上…
程なくして、母親から、
「もうお金無いねんけど。」
との金欠宣告。
ちょうどその頃、「事故米転売事件」で、世間さまは大騒ぎ。
出口の無い暗闇の中に取り残されたようでした。

幸い、当店で使用していた米は大丈夫でしたが、どうすれば資金を費やさず、お客様に信用していただけるのか?

それまで、問屋任せだった原材料の調達を見直し、大阪近郊の農産物を調べ、当店の和菓子に適した原材料をピックアップ。
大阪の農畜産物について、あまりも無知でした(^_^;)

これが、地産地消・大阪産(おおさかもん)への取り組みのきっかけでした。

飛び込みでおじゃました清水養鶏場さん。
ニワトリについてから始まり、卵に影響する「水・エサ・気温」のこと。
詳しく丁寧に教えていただきましたm(__)m

全ての原材料とまではいかないまでも、
可能な限り、生産現場まで足を運び、
生産者さんの声を聴くことで、原材料のことをより詳しく知ることができます。
知り得たことを和菓子に活かしたり、お客様と共有することで、当店をより身近に感じていただけるようになったように思います。

箕面のゆず、羽曳野のシャインマスカット、能勢の栗…等々
こだわりを持った、多くの生産者さんとも出会うことができましたm(__)m
また、当店の取り組みを応援していただける方にも出会いましたm(__)m

和菓子は伝統的な文化と言われますが、
農林水産業こそが、日本文化の根幹で、最も伝統的な文化だと思います。

たいした休みも無く、日本文化の根幹を支える生産者さん。
当店のお菓子を通じて、生産者さんのことを少しでも多くの方々に知っていただき、支えの一助になれるよう、これからも精進しますm(__)m

今回ご紹介していただきました、
奈良県のイチゴ、「古都華」を育てる寺田農園さん。
社長の寺田昌史さんの名刺には、
「好きだから百姓やってます」と書かれています(^_^;)
好きなのはわかりますが、たまには休んでくださいと思う程、仕事熱心です!

寺田農園さん、渾身の「古都華」。
是非味わってみてください\(^o^)/

今年も、大阪産(おおさかもん)の実生ゆず♪


気がつけば、もう既に年末…

少し投稿が遅くなりましたが、今年も大阪産(おおさかもん)「実生ゆず」の収穫がおこなわれ、

収穫地である箕面市止々呂美地区の加工場では、果汁や皮のスライスへと、次々に一次加工されています♪

上の写真は、当店の「ゆずわらびもち」に欠かせない柚皮。

地元の皆さんが、丁寧に種を取り除き、柚皮をスライス。

この日は、収穫のピークが過ぎたものの、加工場の外にまで、爽やかな柚の香りが漂っていました(^^)

このように1キロずつ小分けされ、真空処理された後、直ちに冷凍されます。

こうすることで、新鮮な状態のまま、1年を通して、爽やかな柚の香りを楽しむことができます\(^o^)/
で、残念なことに今年の作柄ですが、

ハッキリ言いまして、超がつくほどの

「不作」。

です(TT)

原因は「カラ梅雨」と、「台風」。

柚は6月初めに花を咲かせ、その後、実を結ぶのに多量の水分を必要とするのですが、カラ梅雨による水分不足が影響したようです。

さらに追い討ちをかけたのが、10月の台風。

強風により、落果したり、実が擦れて皮に傷がつき、傷んでしまったようです…
通常ですと、柚は隔年で豊作不作を繰返し、

昨年が裏年の不作でしたので、今年は表年の豊作が見込まれていただけに、

今年の不作は農家さんはもちろん、僕たち加工する者にとっても大打撃…

もともと貴重な箕面止々呂美産の実生ゆず、

今年はメチャクチャとてもとても貴重な柚となりました(TT)

お求めの際は、どうぞお早めにm(__)m

※実生ゆず………一般的に、果樹は接ぎ木や挿し木で育てるのに対し、実生ゆずとは種から育てた柚のこと。実生ゆずは香りが芳醇で、逞しく、病気にも強いと言われています。

とうとう文春砲に…(^_^;)


先日、とうとうウチにまで、文春砲が…。

とてつもなく、大きな衝撃です(^_^;)

いえいえ、誤解しないでくださいね♪

今、流行りの一線がどうのとかいう類いのお話ではなくて、当店の進めている大阪・能勢町の「銀寄プロジェクト」。

今年で、5年目を迎え、ようやく収穫のメドがたちました。

そこで、当店栗畑で収穫した「銀寄栗」を使った商品、

【栗から育てた羊羹「銀寄」】

を今年から本格的に製造、販売できるようになりました。
昨年、「おはようパーソナリティ道上洋三です」に出演させていただいた際、道上さんにこのお話をさせていただき、羊羹をその場で食べていただきました。

【銀寄】は普通の羊羹と違い、羊羹の部分も銀寄栗でできていて、とても気に入っていただきました\(^o^)/

この度、道上さんのオススメとして、ご紹介していただきましたm(__)m

道上洋三さん、週刊文春さん、本当にありがとうございますm(__)m

これを励みに、栗栽培を通じての里山保全活動や、地産の食材を活かしたお菓子づくりに、

これからも全力投球で、取り組んでまいります‼

大阪産の和菓子、引き続きどうぞよろしくお願い致しますm(__)m

干しブドウ、作ってみました♪


もう8月、ブドウの季節ですよね~♪

先日、いつもお世話になっております、

羽曳野のブドウ農家、「小林さん」から、大量のデラウェアを仕入れました~\(^o^)/

今年のデラウェアは本当に美味しい♪

一箱くらい、すぐに無くなっちゃうんですけど、敢えて、干しブドウ作りに挑戦してみました(^^)

はい、まず粒を房から外し、軽く水洗い。

といいつつ、ついついつまみ食い(^_^;)

よく、水けを取ったら、オーブンへ

下火、上火ともに100℃程度で30分くらい毎に、軽く揺すってまんべんなく熱が入るように。

この行程を5~6回繰り返す。

う~ん、水けの切りが甘かったかなぁ~…

結局、

干物用の網(ホームセンターで売ってます。コーナンで1300円程でした。)に広げて日当たりの良い部屋で干す。

毎日、数粒ずつ味見。

10日間ほど干してみた。

感想

一番美味しいのは、4日目~7日目くらいかな♪

一口食べると、始めは普通の干しブドウ。

でも、噛んでいるうちに、フレッシュなブドウの香りが、鼻に抜ける感じ\(^o^)/

これは美味しい‼

でもまだ少し水分が多いので、保存が難しいだろうと、10日間干して食べたところ、

水分は十分抜けた~\(^o^)/

でも、でもあの鼻を抜けるフレッシュなブドウの香りまで抜けてしまいました(TT)

いえいえ、美味しいんですよ‼

ホント、酸味甘味のバランスも良くて、

美味しいんですけど…、香りが欲しかったぁ~orz。
来年、もう一度チャレンジしてみますm(__)m

宜しければ、大阪産‼羽曳野産100%の干しブドウ、つまみに来てください(^^)

梅雨を吹っ飛ばせ‼


5月以降、さらには梅雨入りしてもなかなか雨が降らず、心配しましたが、

ここにきて、漸く梅雨らしい空模様となりました。

といっても、もう7月なんですね(^_^;)

先日、「美味しい名水」でいつもお世話になっている水無瀬神宮さんで、夏越の祓い「茅の輪」くぐりをしてきたとこなのに…

早いですね~、1年の半分が過ぎちゃいました…

漸く来た梅雨で、雨が大切なことはわかっているんですけど、…わかってはいるんですが、…やっぱり鬱陶しいです(^_^;)

体温調節も難しいですしね…
梅雨を楽しむ♪

楽しみながら、梅雨を吹っ飛ばせたら。
食いしん坊な僕はやっぱり食べ物\(^o^)/

この時期、桃やスイカにトマト♪

でも何といっても、今の時期はブドウ‼

そう、デラウェアでしょ~♪

今年は前半空梅雨の影響もあって、特に美味しいんです‼

で、早速行って来ました‼

いつもマスカット麩まんじゅうでお世話になっています、羽曳野市のブドウ農家「小林さん」。

マスカット麩まんじゅうでは、完熟のシャインマスカットでお世話になっています(^^)

まだお若いんですが、美味しいブドウを育てはるんです♪

シャインマスカットの視察も兼ねてますからね(^_^;)

ねッ!

ほらッ、

さすがにシャインマスカットは8月末頃の収穫予定ですので、まだ弾けんばかりの若さで眩しい限りです(^^)

ど~~~んッ ‼‼

どうですこの「たわわ感」。

今がまさに最盛期‼

小林さん、いつも忙しいときに邪魔してすみませんm(__)m

小林さんのブドウは、7月19日から、

毎週水曜日の淀屋橋オドナマルシェでも、販売予定です(^^)

美味しいモン食べて、鬱陶しい梅雨を吹っ飛ばしましょ~\(^o^)/

最新記事
2018.12.01
2018年・12月のイベント出展情報
2018.11.29
大阪マラソン2018
2018.11.15
今年も【大阪自然史フェスティバル2018】に出店します!!
2018.11.05
2018年・11月のイベント出展情報
2018.11.01
伊勢参りに行ってきました\(^o^)/
カテゴリー アーカイブ