1. 津村屋ホーム>
  2. 店主ブログ

大阪カステラ~大阪菓子天衣良(おおさかかすていら)~大阪ミュージアムショップ 7


昨日今日と、非常にたくさん、「大阪かすていら」のご注文をいただきました。
ありがとうございます。

こんなに1度にたくさんご注文をいただいたのは初めてのことです。
ご注文をいただきました皆様、本当にありがとうございます。
精一杯、作らせていただきます。少しお待ちいただくことになりますが、
商品到着まで今しばらくおまちください。

すべて手作業で作っております。(ミキサーは使いますが)
今までに味わったことのないカステラだと思います。
是非ご賞味いただきまいて、だんらんや談笑に花を咲かせて、
楽しいひとときを過ごしていただければと願っております。

あまりのご注文の多さに「大阪地玉子」・「和砂糖」・「純麦芽水飴」を急きょ追加注文をお願いしました。

今日は土曜日で、「揃わないかも・・・」と半分諦めていたのですが、お休みにもかかわらず、皆さん当店まで配達に来てくださいました。
もう、ホント、泣きそうになりました。

「大阪地玉子」の清水養鶏場さん(清水さん)
「和砂糖」の上野砂糖さん(林さん・紺谷さん)
「純麦芽水飴」の福永製飴所さん(新井さん)

まじめにモノづくりに向き合って取り組んでおられる方々から、
激励の言葉もいただき、さらなる責任感に火がつきました。

ご注文をくださいました皆様、どうぞご期待ください!!

1-大阪府公館にて

これは昨日の「大阪ミュージアムショップ」内覧会での様子です。
今までに見たことのないくらいたくさんのカメラでした。

『大阪ミュージアムショップ』グランドオープン!!


今日、「大阪ミュージアムショップ」がグランドオープンしました。
大阪府公館にて、内覧会が開かれました。

多くの方々に支えられながら、やっとの思いで、ようやく完成した「大阪菓子天衣良(おおさかかすていら)」。先月から、先行販売していましたが、今日、正式に販売開始です。

今日の内覧会では、橋下 徹 大阪府知事より、「このカステラ、むちゃくちゃおいしかったですよ!」と、大絶賛をいただきました。

まさか、席上で食べていただけるなんて正直ビックリしました。

以前にも少し触れましたが、作り手として、「おいしかったよ。」の一言は、何物にも代えられない、かけがえのない「褒め言葉」です。この一言を
知事からいただけたのは本当にありがたいことで、名誉なことだとおもいます。

思い返せば、昨年春から、本格的な開発作業をはじめました。
夏には足を骨折し、手術するというハプニングもありました。
なかなかうまくいかなくて、諦めかけたこともありました。
でも、諦めなくて本当によかったです。

今日、今までの苦労が、すべて吹っ飛びました。今日の日のための苦労だったのかもしれません。

ただ、ここで満足する気はありません。もっとおいしくなるよう更に磨きをかけていきます。

「大阪ミュージアムショップ」には本当に素晴らしい商品しかありません。
大阪の本気のモノづくりが集まっています。是非のぞいてみてください。
見ているだけでも楽しめます。

明日の「おはよう朝日 土曜日」で、ミュージアムショップの特集が放映されます。

大阪カステラ~大阪菓子天衣良(おおさかかすていら)~大阪ミュージアムショップ 6


ようやく、完成した「大阪かすていら」ですが、完成するまでにたくさんの方々に助けていただきました。

原材料を提供していただきました生産者さんや、道場の師範、道場のメンバーの方々、大阪府の職員の方々、産業振興機構の方々など、本当に多くの方々のおかげで完成しました。

ありがとうございました。

大阪ミュージアムショップが、いよいよ今週の金曜日にグランドオープンを迎えます。

ウチの「大阪かすていら」も出品しています。ウチ以外にも大阪の魅力いっぱいの商品がずらりと勢揃いしています。
たべものだけでなく、ディープな観光ツアーや、体験型ツアーという想像するだけでワクワクするような商品もあります。

ぜひ、一度のぞいてください。

大阪カステラ~大阪菓子天衣良(おおさかかすていら)~大阪ミュージアムショップ 5


去年のつづきです。
米粉でつくったカステラ、味が淡白すぎるので砂糖で風味を引き出そうと、黒糖に近い砂糖でつくってみました。

すると、全然ダメなんです。
浮かないんです。

カステラの語源(諸説ありますが)は、作る際にお城(CASTLE)のように高く膨らんで欲しいという願いからきていると言われています。

ところが、いくらお城のように高くなれと願おうが、全然膨らんではくれません。英語かポルトガル語じゃないとアカンのかな?
ダメでした。

風味や味は改良すれば、狙い通りにうまくいきそうです。
やっぱり黒糖の風味はやさしくておいしいです。
ただ、食感はサッパリ。アキマヘ~ン!!

いくら、配合比率や焼き方を変えてもお城のようには高く浮かない。
何回試作したことでしょう。

あまりにも望みが持てない出来に、幾度辞めようと思ったことか。
幾度妥協しようと思ったことか。

毎日、何をしててもカステラのことばかり考えてました。

それでも「大阪ミュージアムショップ」のオープンは着々と近づいてきます。

砂糖など原材料をもう一度、一から検討し、より「美味しい」味、バランスを整え、あとはただ、ひたすら「浮いて~!!」と祈りながら試作を繰り返すのみ。

でも、浮かない。
「もう、アカン・・・。」疲れもピークに。
うまく焼ける方法がきっと何かあるはず。
・・・・、でも浮かない。

いつものように試作をしていたとき、製造工程でちょっとしたミスをしてしまいました。ミスしたものを焼いてもうまく焼けないでしょうし、焼くことをためらいましたが、そのまま焼いてみました。

ミスも、たまにはしてみるもんですねッ!!
フタを開けてビックリ!!
「お・お・お、お城や~!!」と、口に出したかは覚えていませんが、
まさに、お城のようにふっくらと高く焼きあがったカステラが出来ていたんです。
よく、偶然の失敗が奇跡を呼ぶと言われています。
エピソードとして、清酒づくりの話が有名です。
まさに、奇跡だと思いました。

失敗は成功の源。
勉強させていただきました。

大阪カステラ~大阪菓子天衣良(おおさかかすていら)~大阪ミュージアムショップ 4 


次は砂糖です。

卸業者や量販店巡り、さらにインターネットも使い、ようやく大阪に1軒、砂糖を製造している企業を見つけることができました。
「上野砂糖」さん。主に黒砂糖を製造販売をしておられる会社です。
黒砂糖の業界ではかなり大きな会社だそうです。

「当たって砕けろ」で事情を説明すると、営業の方が親切にもカタログやサンプルをたくさん持って店まで来てくださいました。カタログにはたくさんの種類の砂糖が載っていて、気になる商品があればすぐサンプルを送ってくださるとのこと。

黒砂糖にしてみたかったのですが、砂糖の全ての分量を黒砂糖にしてしまうと、灰汁(アク)が強すぎて、自分が思う味にはならない。
そこでさとうきびから蜜を搾り、少し精製した砂糖。つまり黒砂糖と、白砂糖の中間に位置する砂糖を使うことにしました。

少し黒砂糖の風味があり、黒砂糖ほど灰汁がない。イイとこ取りの砂糖らしい砂糖の味がする砂糖です。

さ、試作!
ところが、ここから「試作失敗地獄」が始まりです。

最新記事
2017.09.14
マスカット麩まんじゅう始めました♪
2017.08.31
紅茶のところてん♪
2017.08.10
隼駅まつりへ行ってきました♪
2017.08.03
干しブドウ、作ってみました♪
2017.07.20
木型展に行ってきました~\(^o^)/
カテゴリー アーカイブ