1. 津村屋ホーム>
  2. 店主ブログ

今年もいよいよ、【びっくりもち】\(^o^)/

カテゴリー:未分類

今年は、関西一円で栗の不作です(TT)

当店の能勢栗加工も例年の6割減…

かなりの痛手ですが、今年も絶賛準備中の、

【びっくりもち】\(^o^)/

まずは、能勢町産の銀寄せ栗を渋皮煮♪

渋皮煮は、ホント大変!!

Lサイズ以上の大粒銀寄栗の鬼皮だけを剥きます。

ここでポイントは渋皮を傷つけないように剥かないと、後で煮崩れしちゃいます(TT)

大きさがわかり難いので、

下の写真

立派でしょ~♪

ここで、水の状態から、アク抜きを3度ほど。

この間に、余分な渋皮と、スジを取り除く作業。

これが大変!!

早く終わらせようと、決して爪を立ててはいけません!!

指の腹を使って丁寧に取り除きます(^^)

持論ですが、栗の美味しさは渋味にあると思っています。すこ~しだけ、渋味を残しつつ、ホクホクの食感に仕上げるのがミソ!!

はい、ここまでくると、後は砂糖を加えるだけですが、

やはり、栗の味を最大限に楽しめるよう、できるだけ砂糖は控え目。

煮崩れしたものは、味見兼、おやつ♪

今年もエエ感じに仕上がりましたよ~\(^o^)/

それにしても何だ、この食べ応えは(◎-◎;)

う~ん、今年の渋皮煮はサイズがデカイ!!

今年の栗は「1つ成り」。

通常ですと、イガの中に3つの栗が入っているのですが、

夏の大干ばつで、3つの栗に必要な水分が不十分だったので、1つだけに集中してしまった栗が多いのです。

全体の収穫量としては、勿論少ないのですが、「1つ成り」が多いと、一粒の大きさが大きい栗が多いのが特徴です。

そして、大きな渋皮煮をうっすら栗きんとんで包み、更に当店自慢の柔らか~いおもちに閉じ込めたのが、

秋の数量限定【びっくりもち】

数に限りがございますので、お問い合わせいただけると、助かりますm(__)m

10月24日頃販売開始予定です(^^)

2018年・10月のイベント出展情報

カテゴリー:イベント・催事

▼大阪マルシェほんまもん 地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅直結 odonaビル前

 

毎週水曜日 14時~19時 (10/3、10、17、24、31)

 

<販売予定商品>

・くるみもち3個入 500円

・大栗まんじゅう 250円

・特製かすてら 580円

・ゆずわらびもち 570円

・能勢の新栗入り赤飯 770円 

・能勢の新栗入り赤飯プレミアム 1080円

・能勢の栗きんとん 250円 

・マスカット麩まんじゅう2個入 500円 

 

※販売予定商品は変更になる場合がございます。

お問合せ・ご予約は事前に吹田店舗までお願いします。

(06-6381-5485 8時~20時/木曜休)

 

 

マルシェの風景…販売商品や出展者はその日によって異なります。

 

 

アスセスはこちら↓

 

 

 

▼大阪タカシマヤ B1階・銘菓百選コーナー

 

毎週土曜日 10時~20時半 (10/6、13、20、27)

 

<販売商品>

・くるみもち2個入 361円

・くりもち2個入 501円 ←new!

 

※なくなり次第終了となります。

 

アクセスはこちら↓

 

 

 

大阪自然史博物館に行って来ました~\(^o^)/

カテゴリー:未分類

当店が取り組んでいる、能勢栗を復活させる「銀寄プロジェクト」。

生物多様性に、多少は貢献できているとのことから、一昨年くらいから大阪自然史博物館と、関わらせていただいてます。

今、大阪自然史博物館ではキノコの特別展が開催されていまして、先日行ってまいりましたm(__)m

会場は自然史博物館内のネイチャーホール2階

手作り感満点ですが、とても丁寧な印象(^^)

能勢町にある当店の栗畑、雨が少し続く度、キノコが生えてくるので、興味津々♪

野生のキノコを観察するポイントなども教えてもらえます(^^)v

写真の無かった頃は、手書きの絵が手掛かりだったのでしょうが、今の時代でも、絵の方がわかりやすかったりします。

図鑑なんかでも絵で紹介されているものが多いです。

それにしても、上手(◎-◎;)

とにかくキノコの種類はべらぼうだ!!

キノコって何かから栄養をもらって育つイメージですが、中にはキノコに養われる植物があったり

キノコも他の生物と同様、いろんな生き物と関わって生きているんだなぁ~。

食いしん坊な僕が、特に気になったのが、コチラ‼️

美味しいキノコも知りたいけど…、

まずは、食べちゃいけないキノコが知りたい♪

とはいえ、やっぱり専門家がいないと、見分けが難しいみたいです(TT)

うわぁ~、見るからに食べたらヤバそう(◎-◎;)

コチラは食べたらアカンきのこの模型。

標本もたくさんありましたが、僕みたいな素人には、上の写真みたいな模型の方が、わかりやすいかな(^^)

松茸のお話なんかもあって、この日は時間が無くて、一時間ちょっとで閉館になっちゃいましたが、ゆっくり見たら、2時間でも足りないでしょう。

時間に余裕をもってお出かけくださいm(__)m

尚、館内は撮影OKですので、写真撮りまくって、後でゆっくりウチで見るのもアリかも(^^)

もうすぐキノコの特別展は閉会してしまいますので、ぜひ!!

栗畑では、剪定した栗の木や、クヌギで、シイタケのホダ木を作っています。

年に2回、春と晩秋に収穫できるのですが、まさに収穫間近!!

あぁ~、シイタケ食べたいΨ( ̄∇ ̄)Ψ

最新記事
2018.12.13
冬はやっぱり【モチ】でしょ♪
2018.12.01
2018年・12月のイベント出展情報
2018.11.29
大阪マラソン2018
2018.11.15
今年も【大阪自然史フェスティバル2018】に出店します!!
2018.11.05
2018年・11月のイベント出展情報
カテゴリー アーカイブ