1. 津村屋ホーム>
  2. 店主ブログ

バイク紀行珍道中 その2

カテゴリー:バイク

image

時刻は午前3時。
同級生と吹田を出発してまだ小一時間もたたないのに、寒さのあまりにトイレ休憩(^_^;)
こちらは「道の駅かなん」。
道の駅は24時間、トイレが使えるのでありがたいです。
さ、これから奈良県へ入って縦断し、和歌山県、潮岬へ行ってきます!!

という予定でしたが、峠を越えた辺りで、雪(-_-;)

こりゃ、奈良県縦断は無理やな。
ということで、急遽ルート変更し、
五條市~和歌山市内へ(^_^;)

最初、「潮岬で日の出を見るぞ!!ツーリング」の予定でしたが、寝坊をしてしまい、波乱のスタートm(__)m
結局白浜で日の出を迎えることに(^_^;)

image

といっても、写真の通り、生憎の曇り空。

image

日の出なんて、見えやしない(-_-;)
そのうえ、凄まじい「風」!!

image

座っているのもやっとこさ(^_^;)

image

image

「バイクに乗って風を感じるんだ!!」
どころの騒ぎじゃない(ToT)
止まっているバイクに跨がってるだけで、よろめくんだもの。

image

潮岬に着く頃、ようやくお天道様とご対面♪
とはいえ、寒さは変わらず、風は更に強烈(-_-;)
潮岬までの道中、すれ違ったバイクは僅か2台。
そりゃあ、そうでしょ♪

image

ただ景色はホント素晴らしい♪

image

広い空と海。

image

本州最南端て遠いなぁ~。

ようやく、一つ目の目的地へ到着~♪
橋杭岩のすぐ前にある喫茶店へ飛び込みました(^_^;)
「和歌山ラーメン」のポスターに吸い込まれました。冷えきった身体にはやはり、ラーメン!!
でも喫茶店やし(-_-;)

なんのなんの、失礼しましたm(__)m
これがまたホント熱々のラーメンでして、最後まで熱々で美味しくいただきました\(^o^)/

すっかり回復し、喫茶店のオーナーさんもオススメする温泉へ向かうのでした♪

image

更に東へ目的地は「川湯温泉」にある
「仙人風呂」。
目的地が温泉とあらば、頑張れる!!
橋杭岩から約1時間半ほどで目的地へ到着(^^)

image

再び冷えきった身体で、さらに服を脱ぐ寒さ(-_-;)

こちらの仙人風呂、冬季限定の露天温泉で、河原を重機で掘り起こしただけなのに、あら不思議♪
30メートルくらいはあろうかという大きな大きな温か~いお風呂のできあがり(^^)

この日はとても寒かったので、広いお風呂の中を、歩伏前進で熱いところを探して…
まるでトドのよう(^_^;)
のぼせることもなく、小一時間も浸かりっぱなしでした。

芯から温まるってこのことなんでしょうね♪
道路が凍結してなければ、ホントオススメの露天温泉です\(^o^)/

image

最後に再び、白浜へ。
円月島、白良浜で夕焼けを見て帰路につきましたm(__)m

御菓子司 津村屋 角村 茂

〒564-0028     大阪府吹田市昭和町14-16
     ℡・FAX      06-6381-5485
     E-mail          info@osakamon.jp
     URL              http://www.osakamon.jp

バイク紀行珍道中~♪

カテゴリー:バイク

いよいよ冬の到来を感じる寒さが続きますね(^_^;)

先日、以前から気になっていたところへ出かけました。
といっても、それは場所ではなくて道路。

「国道477号」

学生の頃、よく京都の貴船や鞍馬辺りを通っていたのですが、国道477号の標識をあちらこちらで見かけていたんです。
そしてここ数年、大阪・能勢町の栗畑へ行くことが多くて、そこでも国道477号の標識が…。

image

いったいどんなルートなんや!?

ある日、調べてみると、
関西の「外環状道」て感じのルートでした。
兵庫県川西市辺りから、能勢町、京都府亀岡市、京北町、花脊、鞍馬、大原、滋賀県大津市、近江八幡、竜王、鈴鹿峠を越えて四日市へ通じます。
全長約200キロ。

想像するだけで、ワクワクします(^^)

image

当日の天気は「晴れ」の予報。
出発時点ではまずまずの晴天。
少し肌寒い気温。
こちらの写真は能勢電「一の鳥居」駅前。
さぁ、出発!!

image

いつもの栗畑前を通り、間もなく京都府亀岡市。

image

京都って広いんだなぁ~と実感させられました。

image

程なくして南丹市園部。
晩秋の田園風景が続きます。

image

途中、八木駅前の商店街を抜け、
一部通行止め区間が少しありました。
京都市の周りをぐるりと廻る感じです。
京北町に入る頃から少し景色が変わって、北山杉が生い茂り、寒さが増してきました。

image

周山に着いた頃には寒いのなんの(^_^;)
ところがこの時点でまだ3分の1程度の距離。

image

周山から花背峠に差し掛かるところで、立派なもみじ♪
学生の頃は何も感じなかったんですけどねぇ~(^_^;)

image

ホント見事でした!!

image

そしていよいよ、国道477号、最大の魅力といいますか、…難所です(^_^;)
花背峠から鞍馬手前辺り、百井峠への分岐点。
上の写真では少しわかり難いかもしれませんが、左上の道、奥から、右手前の道へ180°のUターン。
乗用車でも少し大きなタイプだと、切り返し必須!
当日はバイク二人乗りで、舗装も剥げた砂利道状態、怖かったです(^_^;)

image

百井峠までの道はとにかく細くて急坂が続きます(^_^;)
以前は頂上付近からの景色が絶景だったんですが、いまは植林され、ほぼ見えずでした。残念

image

最大の難所を越え、三千院で有名な大原へ。ここからはしばらく367号(サバ街道)と共有道路で、学生時代によく通っていた道。当時より道が良くなってまして、何より「途中トンネル」が無料になってたのには驚きました(^^)

image

いよいよ滋賀県♪
この辺りでようやく半分くらいの道のりです(^_^;)

image

こちらは道の駅での一枚。
右側に見えるのが琵琶湖大橋です。
この辺りから天気は良かったのですが、…とにかく寒い(-_-;)
熱いうどんが美味しかった~♪
あまりにも寒かったので、
ここからは写真がほぼありませんm(__)m
守山、近江八幡、竜王と、結局時間の都合上、ノンストップで走りきったところで、嫁さんからのSOS(^_^;)

image

鈴鹿峠の入口で、しばし休憩~。

ですが、ケータイを持って降りる気力もなく、すみませんが、写真はございませんm(__)m

そしていよいよ最後の峠。
250ccの二人乗りスクーターではなかなか登れません(^_^;)
最後、振り絞ってヨッコラショ~

image

そこに広がったのは四日市まで見渡せる絶景!!
鳥肌が立ちました(^_^;)

…あと少し。
寒い(-_-;)

image

無事峠を下り、
あと少し…
寒い…

image

ありがとうございます\(^o^)/
無事ゴール地点に到着しましたm(__)m
走行距離約220キロ!!
学生時代からの謎が解けました\(^o^)/
ある程度の装備はしてたのですが、やっぱり京都は広いし、寒いです(^_^;)
いや~、スッキリしました(^^)v

今回は嫁さんと二人で250ccのスクーターに二人乗りで行きましたが、
もう少しゆっくりしたかったというのが本音です(^_^;)

朝7時に出発して、帰りは名阪国道経由で帰り、午後6時頃に到着しました。

あと、一時間早く出発するか、途中留まる箇所を少しだけ減らすかすれば、ちょうど良いくらいでした。

車でも楽しいかもしれません♪

もう、今シーズンは雪で通れないところがあるかもしれませんが、
来シーズン、是非、楽しんでみてくださいm(__)m

楽しいですよ~\(^o^)/

御菓子司 津村屋 角村 茂

〒564-0028     大阪府吹田市昭和町14-16
     ℡・FAX      06-6381-5485
     E-mail          info@osakamon.jp
     URL              http://www.osakamon.jp

最新記事
2018.12.13
冬はやっぱり【モチ】でしょ♪
2018.12.01
2018年・12月のイベント出展情報
2018.11.29
大阪マラソン2018
2018.11.15
今年も【大阪自然史フェスティバル2018】に出店します!!
2018.11.05
2018年・11月のイベント出展情報
カテゴリー アーカイブ