1. 津村屋ホーム>
  2. 店主ブログ

メダカの里親、募集中\(^o^)/

カテゴリー:未分類

当店の店先には、創業以来使用していた石臼があります。
今は使用していませんが、メダカのオウチになっています(^^)

image

最初は3匹だけで、スイスイ気持ち良さそうに泳いでました♪
通りすがりの方も、スイスイ泳ぐメダカに「癒される」と、今では看板メダカに(^^)

ある日、何かちっちゃいのがいるなぁ~と、よ~く覗き込んでみると、メダカの赤ちゃん\(◎o◎)/

これは別にしてやらないと、親メダカに食べられてしまう~(^_^;)

そこで、洗剤用のスプーンですくって別の容器へ救出!
すると、あれよあれよと増え続け、大所帯に…

ご近所の方や、お客さまが里親になって可愛いがってくださってます。

今年もたくさん増えてきました!
白メダカの里親になっていただける方、大募集中です!!
どうぞお気軽にお声かけてください(^^)

image

今年は青色が鮮やかな「幹之(ミユキ)メダカ」も混ざっています。

お子さんの夏休みの自由研究にもピッタリですよ~\(^o^)/

御菓子司 津村屋
〒564-0028     大阪府吹田市昭和町14-16
     ℡・FAX      06-6381-5485
     E-mail          info@osakamon.jp
     URL              http://www.osakamon.jp

黒糖カステラ

カテゴリー:未分類

先日、黒糖を使ったカステラのご注文をいただきました(^^)
当店で通常作っているのは、白ザラ糖を使用したものと、「和砂糖」を使用したカステラの二種類。

※和砂糖とは、国産のさとうきびから作った砂糖で、黒糖とグラニュー糖の中間くらいな感じで、さとうきびの風味とコクを味わえる砂糖です。

黒糖を使ったカステラは、今まで何度か試作をしたことがあります。
黒糖は味が特徴的で、少しクセがありますが、使う際にも黒糖独特のクセがあり、上白糖やグラニュー糖で作るのと同じようにすると、まず失敗します。

今回使用したのは上野砂糖さんの「焚(たき)黒糖」。
厳密には加工黒糖ですが、沖縄産さとうきびを使い、純黒糖よりもクセが無く、そのまま食べても美味しい黒糖です♪

image

今回、何とか一度で多くのデータが得られました\(^o^)/

あとは、お客さまの好みをお訊きして、細部の修正を行います。

新鮮な大阪の地玉子と、大阪で100年続く砂糖屋さんの黒糖。
大阪の魅力たっぷりのカステラになりそうです(^^)

御菓子司 津村屋
〒564-0028     大阪府吹田市昭和町14-16
     ℡・FAX      06-6381-5485
     E-mail          info@osakamon.jp
     URL              http://www.osakamon.jp

大阪で唯一の名水100選「離宮の水」


今年は梅雨入りが早くて、なかなかスッキリしないお天気が続きます(^_^;)
ただ、夏場のことを思うと、今のうちにたっぷりと雨も降ってもらわないと水不足で困りますが…

6月は雨が多く、水がたくさんあるにも拘わらず、
昔の月暦では「水無月(みなづき)」。
何故なんでしょうかね~(^_^;)

水無月といえば、毎年こちらでお世話になってます。

image

わかります?

こちらは「茅野輪くぐり」といって、
古来より伝わる神事です。

image

6月30日に「夏越しの大祓へ」が行われ、上の写真のように茅野輪をくぐって、無病息災を願います。

こちらは大阪・水無瀬にある「水無瀬神宮」の境内の様子です。
6月中でしたら、くぐり放題とのこと!!

水無瀬神宮は大阪で唯一「名水100選」に認定されている「離宮の水」が境内でいただけます。

image

当店では「白玉あんみつ」を作る際、黒蜜を炊いたり、寒天を炊くのにこちらのお水をいただいてます。

名水を守るために、毎年数回、保存会の皆さんが清掃活動を行っていて、大切になさっておられます。
今年も間もなく開催されまして、当店も参加させていただきます!!

「離宮の水」は限りある貴重な資源、大切にしますm(__)m

ところで、こちらの水無瀬神宮も水が豊富なのに、「水無瀬」。
これいかに?

名水百選離宮の水仕立て白玉あんみつ

anmitsu-top

御菓子司 津村屋
〒564-0028     大阪府吹田市昭和町14-16
℡・FAX      06-6381-5485
E-mail          info@osakamon.jp
URL              http://www.osakamon.jp

今年も行って来ました\(^o^)/

カテゴリー:未分類

当店では滋賀県彦根市産の「近江羽二重もち米」を使っています。

毎年この時期になると、田植え作業を見学させていただいてます(^^)

image

今年は梅雨入りが早かったので、日程が合うかどうか気になっていましたが、何とか見学することができました(^_^;)

滋賀県彦根市にあるフクハラファームさん。
こちらで、当店の「近江羽二重もち米」が育てられています。
フクハラファームさんは、昨今農業の担い手が少ない中、とても若い方が多く、化学肥料や農薬の使用を極力控え、環境にも配慮した農業を実践されています。

image

安全・安心、更に美味しさを求めることは大変なご苦労があるようです。
苦労の末、天候に左右されることも多いのが農業。

このご苦労を身近に見聞き、感じると、
改めて、気を引き締めて製造に携わろうと思います!!

これからも素材の良さを最大限に引き出せるお菓子作りに精進しますm(__)m

それにしても、滋賀県は広い(-_-;)

image

御菓子司 津村屋
〒564-0028     大阪府吹田市昭和町14-16
     ℡・FAX      06-6381-5485
     E-mail          info@osakamon.jp
     URL              http://www.osakamon.jp
  

柚子の花が見頃です♪


当店の「ゆずわらびもち」や「ゆず麩まんじゅう」で使用してます「箕面の柚子」。
大阪府の北部、箕面市の止々呂美(とどろみ)地区で育てられています。

今ちょうど柚子の花が咲いてます♪

image

image

柚子の花は、あの酸っぱい実からは想像もつかないくらい甘~い香りがします。
今、箕面の柚子畑は柚子の花の甘~い香りでいっぱいです♪

通常、柑橘類は接ぎ木をして育てるのが一般的なのですが、箕面の柚子は実生(みしょう)栽培。
種から育てます。

実生栽培の特長は
病気に強く、香り高い柚子が育ちます。

ただ、種を蒔いて実が成るまで18年もかかるんです(-_-;)
「桃・栗3年、柿8年、柚子の大バカ18年」
と言われているそうです。

image

上の写真の柚子で、樹齢50~60年。
柚子の花の香り、是非体験してみてくださいm(__)m

御菓子司 津村屋
〒564-0028     大阪府吹田市昭和町14-16
     ℡・FAX      06-6381-5485
     E-mail          info@osakamon.jp
     URL              http://www.osakamon.jp

最新記事
2018.06.12
今年も夕日を追いかけてきました ~SSTR2018~
2018.06.01
2018年・6月のイベント出展情報
2018.05.24
春のイベント出店\(^o^)/
2018.05.03
そろそろ、夏支度…(^_^;)
2018.05.01
2018年・5月のイベント出展情報
カテゴリー アーカイブ