1. 津村屋ホーム>
  2. 店主ブログ

お疲れ様でしたm(__)m

カテゴリー:和菓子づくり

いよいよ限界のようです。

image

カステラを焼く際に必要な木枠です。
檜木製で、父親の手作りです。
写真のように上下2つの木枠を重ねて使います。
今回は上下ともに限界がきたようです。
上の部分は200℃を超える高温に直接晒されるので、約2年程で写真のような「炭」になってしまいます(^_^;)
下の部分はかれこれ20年近く使い込んでます。

この20年でいったい何枚のカステラを焼いたのかな?

この20年でいろんなことがありました。皆さまも同じだと思います(^^)

次の20年に向けて、新しい木枠のアク抜きをしました。

image

こうして使う前に空っぽの状態で焼いてやることで、木の余計な水分や、エグ味、香りを飛ばします。

次の20年はどんなんかな~♪
皆さまにとっても素晴らしい20年でありますようにm(__)m

image

大阪・吹田の和菓子屋「津村屋」のホームページ

今年も美味しいシャインマスカット、お願いいたしますm(__)m


昨年、大好評いただきました、「マスカット麩まんじゅう」。
皮ごと食べられる大阪府羽曳野市産の「シャインマスカット」をまるごと一粒包み込んだ、生麩のおまんじゅうです。
今年はさらにバージョンアップして昨年より大粒になるようにお願いしてきました\(^o^)/

image

まだ今の季節、シャインマスカットの樹は眠っているそうです。
それでももう小さな芽が!

image

先日の大雪では、羽曳野市駒ヶ谷地域周辺のブドウ畑にも被害が出たそうで、十数件のハウスが全壊しました。
雪ニモ負ケズ、春を待つシャインマスカット。

image

除草剤を使わず、より手間のかかる草生栽培を選んだ小林さん、今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

image

大阪・吹田の和菓子屋「津村屋」店主

最新記事
2017.11.16
久しぶりの商談会~京都散策♪
2017.10.26
大阪の昼と夜♪
2017.09.29
とうとう文春砲に…(^_^;)
2017.09.14
マスカット麩まんじゅう始めました♪
2017.08.31
紅茶のところてん♪
カテゴリー アーカイブ