1. 津村屋ホーム>
  2. 店主ブログ

粽まきまき。

カテゴリー:和菓子づくり

端午の節句が近づいてきました。
端午の節句というと、昔から「かしわもち」、「ちまき」を食べる家庭が多いと思います(ウチのチビは3姉妹なのでピンときませんが)。

そう、5月5日は和菓子屋にとって、ヒマな夏場に向かって最後のヤマバなんです。暑い夏場は食欲が落ちますもんね。
だから、この日は何としても頑張らないと!

いちばん大変なのが、「ちまきまき」。
だって、「手巻き」ですから。
おそらく、ちまきだけは機械を使って巻いているお店は皆無だと思います。

ひと言で「ちまき」と言ってもいろんなちまきがあります。
起源は中国だそうですが、日本の先人たちの知恵によって、
独自の発展を遂げています。
「ういろう粽」や「水仙粽」、「おこわ粽」などなど。(水仙粽は葛を使った粽です。)

ウチは「同じ大変なら、大変ついでにこだわってナンボ!!」という考えなので、ちょっとヨソの店では無い粽を作ってます。

まず、もち米を使ってます(滋賀県産の羽二重米で減農薬栽培の米です)。葛も使ってます。わらび粉も使ってます。あずきが入ってます。

1-ちまき1

2-ちまき2

こんな感じで入ってます。(ハッキリ言いますと、中身は少ない目です。)

笹の葉は3枚使います。

ここからが、腱鞘炎との戦いです。
しっかり持っていないと、緩んでしまいます。

特に指先に注意して。
まだまだ!!
5本に束ねて、また縛るんです。(右写真)

で、完成です。

3-ちまき3
untitled

 

味は道明寺のようだけど、もう少し粘りがあって、わらびもちのように「甘さ」がスーッと引く感じです。あずきの鹿の子がポイントです。

ま、「百聞はひとくちにしかず」です。一度、お召し上がりください。明日から5日まで販売します。(1本からOKです。)

1本   280円
5本束 1350円

端午の節句はこどもの日。
こどもの日は母親に感謝をする日でもあるそうです。ことばで伝えるのは照れくさいので何かいい方法はないかと思案中です。いい方法をご存知の方、教えてください。(て、もうすぐ「母の日」あるし。・・・・、父にも感謝。)

※価格は2010年度のものです。※

 

今年もいよいよ。


 

先週、能勢に行ってきました。

1-てっぺん

能勢は大阪の一番北に位置して、地図で見ると、「てっぺん」にあります。
近頃、能勢町の観光協会が、まさに、「おおさかのてっぺん」という観光ガイドブックを発行しました。
700円と、いいお値段ですが、「同じ大阪なのにこんなゆったりと過ごせる場所があるのか。」と、ついつい行ってみたくなる本です。

この中に、「朝市」も紹介されています。
ウチもよくお世話になっている店が載っていて、お店の方が少しぎこちない笑顔で写ってます。

今回、初めて箕面の有料トンネルを利用していったのですが、
「近っ!!」というのが、第一印象です。
吹田からですと、新御堂筋をひたすらまっすぐ。
「トンネルを抜けると、そこは能勢の入り口だった。」ていうぐらいに
近くて。
いつもは原付でいくのですが、いつもの半分以下、40分ほどで到着しました。

何をしに行ったのかと言いますと、

どうしても、「能勢ぐり」の新芽を見たくて行ってきました。

 

2-能勢ぐりの木

 

連日テレビで、霜や急激な寒さによる農作物の被害が報道されているので、気になって、気になって。

農家の方にも伺ったところ、「能勢ぐり」は今のところ大丈夫なようです。

 

untitled

今年もいよいよ、栗が目を覚ましました。
どんな栗になるのか、楽しみです。
どうか、豊作でありますように。

勿論、帰りに「朝市」へ寄ったのですが、新鮮な「葉モノ野菜」がたくさんありました。
いま、スーパーなどでも結構、高値が続いてますが、1000円で大きめの袋が2つ満杯になりました。

ドライブがてらに是非。
あ、早朝に行くことをおすすめします。

大阪茨木市はたけのこの里?


 

昨日、玉子(大阪産(もん)の「大阪の地玉子」)を買いに茨木市へ行ってきました。
いつもお世話になっている「清水養鶏場」さんなのですが、こちらのご主人や、ご両親はとても気さくな方々で、よくお話してくださいます。

たぬきが出てきた話や天候の話などなど、話題も豊富で勉強させてもらってます。

昨日は大阪万博のときのお話。
茨木市の清水さん宅から万博会場までは近いのですが、会場に入ってから、「月の石」を見るのに、気が遠くなるほど長かったそうで。
「月の石」の感想を聞くと、

「とにかく暑かった。」

あまりにも待たされ過ぎて、「月の石」の印象よりも、見るまでの暑さの方が心に残っているそうです。

「昔(万博以前)はあの辺(今の万博記念公園)は竹やぶしかなか
ったんやで。」

ぼくは万博後しか知らないのですが、小さい頃の記憶でも確かに竹やぶだらけでした。

今では整備されてほとんど竹やぶの面影はありませんが、よ?くみると、名残を見つけられます。
清・・「吹田に住んでんねやったら珍しくもないやろうけど、たけのこ持っ
いくか?」

僕・・「もう、吹田ではなかなかこんな掘り立ては見られないですよ。」
「もちろん、いただきます! 」

清・・「兄ちゃん、今日はバイクやろ?無理ちゃうか?」
「玉子も積まなアカンし、無理せんでエエで。」

僕・・「いえ!何としてでもいただいてかえります!」

僕心・・「何で原付で来たんやろう。」

荷台に玉子、ヘルメット入れに筍2本、袋掛けに2本入りの袋を掛けてやっとの思いで帰りました。

早速、茹でました。

untitled

清水さん曰く、「米ぬかではなくて、米のとぎ汁で炊くとおいしい。」
今日はお昼に炊いたごはんがまだあったので、ぬかで炊きました。
大きかったのですが、すぐに柔らかくなって、ビックリするほどです。

やっぱり掘り立ては違うんですね。

清水さん、ありがとうございました。
「いただきます。」

大阪産(もん)ってやっぱりエエわ~。


 

今日は三笠(みかさ)についてです。

「どらやき」とも言いますが、津村屋では「三笠」で販売しています。
最近ではいろいろな種類の三笠を見かけるようになりました。
ウチのは一見、オーソドックスな類で、中にはつぶあんと栗が入ってます。

が、しかし、違うんですよ。

1 玉子が「大阪の地玉子」。
2 生地もあんも全て手作り
3 玉子の割合が高い。
4 その結果、「しっとり」感が凄い。

まず、焼く前の生地です。

1-三笠生地

ちょっと暗いですが、黄色が濃いでしょ?
風味もいいんですよ。
画像ではなかなか伝え難いのですが・・・。

この写真の右端にちょっとだけ写ってる「サジ」を使ってすくいます。(ぺちゃんこのオタマみたいな道具です)

サジですくって一枚流し、またすくっては一枚流すの繰り返しで・・・、

地味でしょ?

よーく見ると、上の5枚はプツプツと泡が出ています。しばらくすると、ひっくり返す頃合いです。

2-三笠

ひっくり返すと。
この色が、「大阪の地玉子」の色です。

3-三笠2
スーパーやコンビニで売っているのと比べると少し濃いめです。

このときのかおりはついつい、つまみ食いしてしまいたくなります。

こんがり焼けているのにしっとり。

優れたたまごを新鮮なうちに焼いてしまう。
単純なことですが、とても大切なことなんです。

まだまだ寒いところです。


今朝、能勢の朝市へ行ってきました。
吹田市からいつもの原付で6時に出発。
約1時間ちょっと、池田市から川西市を抜けていくと、
だんだん寒さが増していきます。山をいくつか越えてようやく能勢町。

寒さのあまり、震えが止まりません。一ケタの気温であるのは間違いないでしょう。

昨年あたりから「栗きんとん」を本格的にはじめたのですが、昨年は特に数が少なくて仕入れるのに苦労しました。

そこで、今年はスムーズに確保できるように、お願いにあがったというわけです。

そのときに、観光協会の会長さんにお聞きしたのですが、
能勢ぐりを代表する品種、「銀寄(ぎんよせ)」の原木が近所にあるらしい。
今では能勢町が保存に取り組んでいるほどの貴重な木です。

※銀寄・・・江戸時代に飢饉の際、能勢町の栗が危機を救い、その味がまた素晴らしいとの評判から、銀(お金)を寄せたということでこの名前がついたとされています。

能勢町で採れた栗は「能勢ぐりとして大阪産(おおさかもん)に登録されています。
「銀寄」はその中でも代表品種。

早速、その場所へ。
「これだ!」というのは、はっきりとはわからないそうですが、この栗畑のどこかに原木が。(池のすぐ上がその栗畑です)

untitled

今年は、ちょくちょく、栗の生育も見せていただけるようにお願いしましたので、またチョクチョクこちらで紹介します。

秋が待ち遠しいです。
今年は豊作でありますように!!

夏の大阪産(おおさかもん)、現在試作を重ね中です。今しばらくお待ちください。

最新記事
2018.12.01
2018年・12月のイベント出展情報
2018.11.29
大阪マラソン2018
2018.11.15
今年も【大阪自然史フェスティバル2018】に出店します!!
2018.11.05
2018年・11月のイベント出展情報
2018.11.01
伊勢参りに行ってきました\(^o^)/
カテゴリー アーカイブ